新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

じぶんの木

じぶんの木

作: 最上 一平
絵: 松成 真理子
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

「じぶんの木」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年12月
ISBN: 9784265070282

出版社のおすすめ年齢:5歳〜
A4変型判・26.0×21.5cm・32頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

わたるの一番の友だちは、熊撃ちだった「伝じい」。
伝じいは、誰にでも『じぶんの木』というものがどこかにあるんだと最後に話してくれた。
伝じいの木はどこにあるのかな。

ベストレビュー

私にもじいちゃんがいてよかった(涙)

久々に深くていい話を読んだので染み入りました。

長生きした伝じいはわたるに話して聞かせました。
熊の話、山の話、じぶんの木の話
どれもわたるの記憶に残り
話と共に伝じいもわたるの中に生き続ける
そんな気持ちになりました。

私にも戦争に行った経験のあるじいちゃんがいました。
ビルマでどんなことがあったのか
少しだけ話して、「もうここまで」といって
席を立ってしまったことを思い出しました。

おじいちゃん、おばあちゃんって
本や図鑑、先生やパパ、ママに引けを取らず
引き出しをたくさん持っている人なんだ、
次の世代へつなぐ大切な存在なんだと
この本を読んでそう思いました。
(事務員さん 30代・ママ 女の子6歳、女の子3歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
792円
1,760円
1,595円
935円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,760円
2,200円
1,870円
3,960円

出版社おすすめ

  • こどもべやのよる
    こどもべやのよるの試し読みができます!
    こどもべやのよる
    出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    岩波の子どもの本 最新刊。こどもべやに夜がきました。せかいじゅうで、おきているのは、いっちゃんだけ。



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

じぶんの木

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.78

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら