話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
こぞうさんとりゅうのたま

こぞうさんとりゅうのたま

作・絵: はせがわ かこ
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2010年04月
ISBN: 9784477020907

出版社からの紹介

泣き虫のこぞうさん。おしょうさんと「ぜったいに、泣かない!」と約束しました。
夕暮れどきに雷が鳴りだしたときも、がまん、がまん。雨が降り出したときも、がまん、がまん。
そして、はぐれた小さな男の子をおぶって、橋にむかって走り出しすと……
さあ、こぞうさんは、最後まで泣かないでいられるのかな?

ベストレビュー

泣き虫小僧さん、頑張ったね

もう泣かないと和尚さんに約束した泣き虫小僧さん。
使いに行った帰り道のかみなりにも土砂降り雨にもがまんがまん。
泣き虫小僧さんは泣き虫だけれど、弱虫ではないのです。
そしてとてもやさしい小僧さんです。
お母さんとはぐれた坊やを背負って、お寺を目指します。
嵐の中、川の流れが荒れ狂う橋の上。
竜との出会い、その竜が背中に背負っていた子どものお母さんだったこと、なんだか幻想的で、心洗われるように描かれています。
最後には泣いてしまった小僧さんですが、この涙は泣き虫を乗り越えた涙ですね。
最後までがんばった小僧さんに拍手拍手です。

すっきりと読み聞かせのできる良いお話。
離れた場所からでも絵がくっきりしているので、大勢の前での読み聞かせにお奨めです。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,870円
1,430円
1,320円
1,100円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

2,200円
3,300円
418円
1,100円

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

こぞうさんとりゅうのたま

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.87

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら