新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

ミムラの絵本散歩

ミムラの絵本散歩

作: ミムラ
絵: 坂崎千春
出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,650

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2010年07月
ISBN: 9784592732587

この作品が含まれるテーマ

★作者のミムラさんからのコメントをご紹介します! ありがたいことに二冊目の本を出すことができました。
まだ文字を読むことができなかった頃、私にとっての絵本はただひたすら心地よく身近でした。使い古してよれた花柄のタオル・毛羽だったカメのぬいぐるみ・よく端をがじがじ噛んでいた青い三角の積み木―……。そういうものと同等にほとんど無意識に触れていた時が、絵本との一番よい関係だったような気がして。
「意味」や「理解」なんて小難しい要素で自分の首を絞めはじめた時期には、子どもの頃の自分に嫉妬すら感じました。
そんな時も絵本を読んでクスリと笑えばそんな堅苦しさは霧散。本の趣旨は「絵本の魅力をもっと伝えたい」という、自分の表現力から考えるとだいぶん背伸びしたものでしたが、結果をみれば絵本の威力に「楽しい」「すごい」「うひゃー」と感嘆し続ける自分の回顧録となりました。
みなさんの心に少しでも、この絵本からもらった華やいだ気持ちをお裾分けすることができれば幸いです。

出版社からの紹介

月刊MOEに掲載された、女優ミムラの絵本にまつわるエッセイ・街歩き・作家対談などをカラーいっぱいに収録。
初めて語る芸名「ミムラ」の秘密、ムーミンに関するエッセイなど書きおろしも満載。

ミムラの絵本散歩

ミムラの絵本散歩

みどころ

 その絵本への深い愛情に驚かされた前作『ミムラの絵本日和』に続いて、女優ミムラさんが今度は絵本にまつわるエッセイ・街歩き・憧れの作家さんとの対談など更に範囲を広げてその魅力を紹介してくれます。絵本好きなら一度は訪れてみたいあの本屋さん、雰囲気たっぷりの街並みで出会う素敵な雑貨屋さん、今すぐにでも出かけてくなるカフェなどなど・・・それぞれの出会いを本当に楽しんでいる様子のミムラさんの写真は眺めているだけでもウキウキ!「うんうん、それは私も行ってみたい」思わずそうつぶやかせてしまうエッセイには、何に対しても好奇心と愛情たっぷりに接するミムラさんの姿勢がみえてきます。
 更にみどころは芸名「ミムラ」の由来になっているムーミンに関するエッセイ。ムーミン谷の住人達をミムラ流に解説してくれています。ムーミンファンも必見です。
 もちろん絵本の読書エッセイもたっぷり。スズキコージさんとの対談も含めて、改めてミムラさんと絵本のきってもきれない深い絆を感じずにはいられません。
 読み応え、あります!

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ベストレビュー

ムーミン解説

前作のエッセイ『ミムラの絵本日和』がとても楽しかったので、こちらも読みました。こちらでは「ミムラ」の名前の由来などにも触れられていました。
特に、その名前の由来となったムーミンについての解説がとても面白かったです。ムーミンのお話が読みたくなってきました。
また、行ったことのある絵本屋さんトムズボックスや、大好きな絵本の紹介もあって、とてもうれしかったです。
(クッチーナママさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子6歳、男の子4歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
1,650円
1,650円
1,540円
1,210円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

81,400円
550円
2,970円
1,870円

出版社おすすめ

  • はるのおくりもの
    はるのおくりもの
    出版社:日本標準 日本標準の特集ページがあります!
    雪を見たいカエルと見せてあげたいキツネとウサギ。心あたたまるお話を美しい四季の絵にのせてお届けします



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

ミムラの絵本散歩

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら