話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
星新一ショートショートセレクション(12) 盗賊会社

星新一ショートショートセレクション(12) 盗賊会社

  • 児童書
作: 星 新一
絵: 和田 誠
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2003年09月
ISBN: 9784652020920

出版社のおすすめ年齢:高学年〜
B6 196ページ

出版社からの紹介

私は盗賊株式会社の社員。社員は全部で百人だが一つの仕事でそれぞれ分担が決まっている。私の役目は…。表題作など18話のSF。

ベストレビュー

発想は少し視点を変えるだけで

『星新一ショートショートセレクション12』(理論社)。
 表題作である「盗賊会社」をはじめとして、18篇の「ショートショート」が収められた、児童書。
 装幀・挿絵(それぞれの作品にひとつ挿絵がついています)は、和田誠さん。

 表題作の「盗賊会社」の主人公は、「盗賊株式会社」の社員。泥棒が営業というから、変わっているが、もしかしたうらやましがる人もいたりするのでは、と主人公は思っている。
 何故なら、平凡な日常にあきあきしている人も多いだろうから。
 ところが、この社員、つらつらと自社のことを書きつらねるのだが、なんだかどこにでもあるような会社組織で、結局は「平凡で退屈で、面白くない」ので転職を考えているという、オチのお話。
 もし、あなたがこの会社の人事担当であれば、転職希望のこの社員をどう引き留めるだろうか。
 こんなふうに星新一さんのお話から少し視点を変えてみると、面白くなるし、新しいお話がうまれる。
 
 星さんのショートショートもそんなふうにして出来上がっている作品もあって、例えばこの巻でいえば浦島太郎伝説を星さん流のお話に作り込んだ「時の人」なんかがそう。
 昔話のように竜宮城から故郷に戻ってきた浦島太郎を待ち構えていたのは、テレビとかマスコミとか大衆の興味。あげくの果てにはスパイ疑惑も。
 誰もが知っている話ながら、視点を少し変えるだけで、星さん流のショートショートが作れるかもしれない。

 発想の着想は無限にあるのかもしれない。
(夏の雨さん 60代・パパ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
660円
990円
1,320円
22,000円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

418円
418円
4,730円
660円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

星新一ショートショートセレクション(12) 盗賊会社

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら