新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

ぎゅうにゅうだいへんしん!

ぎゅうにゅうだいへんしん!

  • 絵本
料理: 中山 章子
監修: 中山 章子
写真: 古島 万理子 ほか
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

「ぎゅうにゅうだいへんしん!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2010年10月
ISBN: 9784893253828

頁数:28ページ
サイズ:21×24cm

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

牛のミルクは何になるのかな?
身近な事柄を考える科学絵本

栄養が豊富で子どもたちの成長に欠かせない牛乳は、
飲むだけでなく、さまざまな食品に加工されます。
本書では、牛から搾られたミルクが、その後どうやって
クリームやバター、チーズになるのか、実際に作る様子を、
順を追って写真で紹介していきます。身近な食品の成り立ち
を知ることで、子どもたちの食への関心がいっそう深まります。

ベストレビュー

全ページカラー写真で分かりやすい。

『チョコレート だいすき』に味を占めて、
今回二冊目となる科学絵本を図書館から借りてきました。

ぎゅうにゅうとは何ぞや、は知っていたらしい5歳の息子ですが、
乳製品については初心者です。
ページをめくるのが楽しみ!

まずのっけから、牛の赤ちゃんがおかあさんのミルクを飲むシーンは
二人で息を呑みました(あまりにアップで圧巻だった)。

そしていよいよ「ぎゅうにゅうのへんしん」が始まります。
息子はヨーグルトの登場を期待していたようですが、
生クリームにバター、チーズときて、
楽しみながら読んではいたものの、
なかなかヨーグルトが出てこず・・・。

一番最後のページに、
「ヨーグルトも ミルクが へんしんしたものだよ。」
このたった一言で済まされてしまい、
ガクッとうなだれていました。

とはいえ、バターもチーズ大好きな息子。
次からはもっと美味しく味わえること間違いなしです。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子0歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

616円
616円
1,320円
616円
2,090円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
550円
1,650円
1,100円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

ぎゅうにゅうだいへんしん!

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら