新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
ぐりとぐらとすみれちゃん
プラチナブックメダル

『 ぐりとぐらとすみれちゃん 』 は
「絵本ナビ プラチナブック」です。

絵本ナビ人気ランキング上位の絵本として選ばれています。

ぐりとぐらとすみれちゃん

  • 絵本
作: なかがわ りえこ
絵: やまわき ゆりこ
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥1,100

「ぐりとぐらとすみれちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2003年10月
ISBN: 9784834006339

出版社のおすすめ年齢:3歳〜

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


大賞決定!豪華サイン本は誰の手に!

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

 野ねずみのぐりとぐらのところに、すみれちゃんが大きなリュックをしょってやってきました。リュックの中から出てきたのは、とびきり大きくて、とっても固いかぼちゃ。ぐりとぐらは、こんなおおきなかぼちゃをどうやって切ったらいいかわかりません。そこで、すみれちゃんがお母さん秘伝のダイナミックな方法で、みごとに割ってくれました。さあ、かぼちゃのお料理のはじまりです。「お料理すること、食べること」が大好きなぐりとぐらに、森の動物たちも加わって、かぼちゃのごちそうがたくさんできました。みんな、おいしくておいしくて、おなかいっぱい食べました!

ぐりとぐらとすみれちゃん

ベストレビュー

せかいで1番大きなパンプキンパイ

 わたしは、小さいころから、本が大すきで、「ぐりとぐら」の本も全部暗しょうして
しまいました。どの本にも思い出がいっぱいあります。

 わたしが1番すきなのは、「ぐりとぐらとすみれちゃん」。
ぐりとぐらは、朝からやさいをたくさん食べているんだね。わたしも、やさいが大すき。
でも、わたしなら、にんじんのオムレツじゃなく、にんじんケーキにしようかな?

 わたしも、ラディッシュやバジルやレタスを育てています。
朝起きるとすぐ、大きくなったかな?と見に行きます。
わたしも、りっぱなおひゃくしょう。

 わたしは、とってもくいしんぼう。だから、まずお料理に目をつけます。
ぐりとぐらたちが作ったお料理は、どれもおいしそう。
どれから食べようかな?と、いつも絵本を見ながらまよっちゃいます。

 わたしもいつか作ってみたいな、すみれかぼちゃみたいなまん丸かぼちゃで、
せかい一大きなパンプキンパイを。
 そしたら、森の動物たちもぞくぞくと集まってきて、みんなでいっしょに食べるの。
こおろぎのかなでる音楽の中で。

 ぐりとぐらの歌も大すき。おぼえやすくて、おもしろいから。
わたしもお料理するときに歌っています。
ぐりとぐらが、このよで1番すきなのは、お料理すること、食べることなんて、
とってもすてきなことだと思います。
ぐりとぐらのおいしそうなお料理や、みんなのうれしそうな顔を見ていると、
わたしも、気持ちがほっかほかになります。
(天使のケーキちゃんさん 10代以下・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,100円
1,100円
1,650円
1,430円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

605円
462円
385円
440円

出版社おすすめ

  • はるのおくりもの
    はるのおくりもの
    出版社:日本標準 日本標準の特集ページがあります!
    雪を見たいカエルと見せてあげたいキツネとウサギ。心あたたまるお話を美しい四季の絵にのせてお届けします



ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

ぐりとぐらとすみれちゃん

みんなの声(158人)

絵本の評価(4.69

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら