新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

はるがきた
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

はるがきた

  • 絵本
作: ジーン・ジオン
絵: マーガレット・ブロイ・グレアム
訳: こみや ゆう
出版社: 主婦の友社

税込価格: ¥1,430

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

※こちらは旧版になります。新版は<<こちら>>

中面を見る

作品情報

発行日: 2011年03月
ISBN: 9784072742754

23×31cm 判 32 ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

すぐそこに来ているはずなのに、なかなか訪れない春。
街は灰色、人々も同じ様に暗くてしずんだ気持ちに……そんな時。

「ねえ、どうして春を待ってなきゃいけないの?
 待ってなんかいないでさ、ぼくたちでまちを春にしようよ」

男の子の素敵なアイディアと人々の素晴らしい行動力で、あっという間に街が輝きはじめた! こんな風に、何かのきっかけをはじまりに、世界は少しずつ変わっていくものなのかもしれません。絵本の中を駆け巡る躍動感と明るさは、読んでいる私達の心にも喜びと力を与えてくれますよね。

「はるがきた!」

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

はるがきた

出版社からの紹介

『どろんこハリー』の著者コンビ未翻訳の絵本。なかなか訪れない春にしびれを切らした人々が考えた、あっと驚くこととは? 春の訪れの嬉しさと暖かさ、力がわいてくるさまを描く絵本

ベストレビュー

ここにも春が

「春を待ってなくてもいいじゃないか」
なるほど素晴らしいアイディアですね。

春になっても良い季節なのに、なかなか訪れない春を
街中の人たちが春の景色で街中を満たしてしまうなんて
とても素敵です。まるで春を迎えにいっているようです。

気持ちが暗くなっていた時にこの絵本を読みました
心にまで春を連れてきてもらった気がして
春の空の様にさわやかな気持ちになりました。

本物の春が来たのは嬉しいけれど、皆で描いた春も
素敵だったのに。。。とちょっともったいなかったねと
思いました。
(かわゆいゆいさん 40代・ママ 女の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,870円
2,420円
1,540円
880円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

385円
2,640円
880円
880円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

はるがきた

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら