新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • 学べる
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
とくべえとおへそ

とくべえとおへそ

作: 桂 文我
絵: 田島 征彦
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,870

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2004年05月
ISBN: 9784494012404

出版社のおすすめ年齢:4・5歳〜
B5変型ワイド判・25.1×25.6cm・36頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

おおうなぎにつれられて空にのぼったとくべえはかみなりのゴロゾウと会って月宮殿へ行くが…。

ベストレビュー

コミカルなのに、詩的で綺麗な表現

 表紙絵から笑いは始まりました。

 上方落語「月宮殿星の都」からの出典です。
 作者の桂文我さんは、平成の今日では、舞台に掛けられることのなかったネタや、稀にしか上演されなくなってしまった珍品を新たに仕立て上げる作業に精力的に取り組んでいらっしゃる方だそうです。
 このお話しも「地獄八景亡者の戯れ」的なノリで 新たな仕立てになさったお話しだそうです。

 大うなぎを釣り上げてそのまま中天まで引っ張られ、置き去りにされたとくべえさん。
 かつて助けたカミナリのごろぞうさんに歓待させれます。
 虹のそうめん。 あられのみぞれ和え。 はるさめのしぐれ。
 想像するだけで綺麗だろうなと思いましたが、しっかりシャレもきいています。

 さてさて、ちょうどこの日は月宮殿というお屋敷のお祭りの日。
 しっかり変装し、仕上げに夕焼けの赤い粉をまぶして、ごろぞうさん一家と祭り見物に。 
 お屋敷の王様とお后様に差し出されたのは、下界の人間のたちから取ってきたおへそがこんもり。
 これを目撃した、とくべえさんはごろぞうさんの力を借りて、人間たちへ返してあげる策を練ります。……。

 状況はコミカルなのですが、おへそを返す表現はなんとも詩的で綺麗な表現です。
 落語だということを忘れそう。
 下界の人間の「おへそがかえってきたぁーっ」の声が聞こえるくだりで、そうそうこれは落語だと気持ちを戻されます。
 絵本ならでは出せる臨場感が、お話しを聞くこどもたちを喜ばせそうです。
 表紙だけでもご覧になってみてください。
 思わず開きたくなりますよ。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子11歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,210円
1,100円
1,408円
990円
7,040円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

2,640円
880円
880円
880円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

とくべえとおへそ

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら