話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

偕成社文庫 アゲハが消えた日

偕成社文庫 アゲハが消えた日

  • 児童書
作: 斉藤 洋
絵: 平澤 朋子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥770

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2011年07月
ISBN: 9784036527205

出版社からの紹介

アゲハを見るたび、おちつかない気分になる正。
そんな正の身のまわりでは、ふしぎなできごとが起こりはじめる。斉藤洋の初期傑作を復刊!

ベストレビュー

舞台設定が1960年代の日本です。

この作品はリニューアル・バージョンで、初版が出たのは1988年と斉藤洋さんのわりと初期の作品でした。

内容はしいていうとSFです。
作品中〈東京オリンピックがもうすぐある〉という話をしているので、1964年くらいの日本が舞台になっています。
その時代小学6年生だった主人公が、未来に起きたある事件のために自分の未来が見えてしまった。という内容です。

この頃の斉藤さんの文章は、まだ斉藤さんの個性があまり感じられませんでした。
どちらかというと、(たまたま内容がSFチックだっただけに)小松左京さんとか、大江健三郎さんが描くような物語の色に似ている気がしました。

ぺーず数はそれほど多くありませんので、小学校高学年くらいのお子さんたちになら、気軽に読めると思います。
物語の中で起きた事件で、謎解きも出てくるので、推理することが好きな人は楽しめると思います。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子12歳、)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
1,650円
1,540円
1,650円
1,980円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

847円
4,400円
12,144円
7,568円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

偕成社文庫 アゲハが消えた日

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら