話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

つなひきライオン

つなひきライオン

作: まど・みちお
絵: 北田卓史
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

税込価格: ¥1,100

「つなひきライオン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2005年11月
ISBN: 9784893255297

この作品が含まれるテーマ

みどころ

つなひきがつよいライオン、ぞうもとらもくじらも負かして「わっはっは。どうだ、せかいいいちつよいだろう。」
自分の力を自慢していたライオン。そこへねずみがあらわれて・・・。
 この絵本、まず絵は「チョコレート戦争」などの挿絵で親世代の人にもなじみがあるでしょう北田卓史さんです。そして文は誰もが知っている詩人のまどみちおさんです。
あの北田さんの描くとっても暖かい動物達が見られるだけでうれしいのです。おはなしでは「せかいいちつよい!」といばっているけどライオンの目はとてもとても優しい目をしているのです。
おまけに最後に大泣きしてしまうライオン、という結末もまどさんらしく、二人の暖かさに満ち溢れた作品で幸せな気分になれます。さて、ねずみさんはどんな方法を使ったのでしょう?
 見開きで大きく広がるページがあるのもうれしいですね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

世界一強い つなひきライオンでも小さなネズミにはかなわない。
どうしてかな?
国際アンデルセン賞作家、まど・みちおさんと、
童話「チョコレート戦争」の画家、北田卓史さんによる名作がよみがえります。

ベストレビュー

北田さん

北田さんの作品だったのでこの絵本を選びました。主人公のライオンの雰囲気がいかにも優しいのが良いと思いました。自分に自信を持っていたのにそれが崩れるときの気持ちをとても上手に描いているのが気に入りました。皆で協力することの大切さと素晴らしさを教えてくれる絵本でした。
(なびころさん 30代・ママ 女の子3歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
880円
1,540円
1,430円
1,100円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,300円
3,960円
605円
1,100円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

つなひきライオン

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.3

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら