新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
やんちゃっ子の絵本 (6) だれがいなくなったの?

やんちゃっ子の絵本 (6) だれがいなくなったの?

  • 絵本
作: スティーナ・ヴィルセン
訳: ヘレンハルメ美穂
出版社: クレヨンハウス

税込価格: ¥1,100

「やんちゃっ子の絵本 (6) だれがいなくなったの?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2012年08月
ISBN: 9784861012273

18×18cm 28ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

親切なとりさんが切ない…

スーパーで迷子になったこぐまさんのお話です。
今回のママぐまさんはちょっと迂闊ですね。慣れたスーパーだと思って、自分だけ別の売場に行き、しかもそこでこぐまさんを待っていないなんて…。
独りでいるこぐまさんを心配して、声をかけ気にかけてくれているとりさん。実は子どもを連れ去ったり、危害を加えたりするような大人は極めて少数派で、多くの大人は、このとりさんのような気持ちの人々だと思います。

しかし、この絵本の表現は、現代先進国の限界でしょうね。
このシリーズは非常にリアルに日常を描いていると思うのですが、「悪人=ほとんどいない」「気になるけど遠巻きに見る大人&無関心な大人=大多数」「声をかけて心配するとりさんのような人=少数派」という描き方は、確かにリアルです。
ところが、この他人に無関心な現代先進国での振る舞いもリアルに再現され過ぎていて、とりさんが気の毒でなりません。
スーパーの駐車場でうろうろしているこぐまさんをたまらずに捕まえたとりさん。その親切なとりさんの手に噛みついたこぐまさんの振る舞いは、肯定も否定もされません。ママぐまさんが見つかり、苦笑いをしてそっと去っていくとりさんの痛そうな手が気になります。日本だとさすがにとりさんに丁寧にお礼とお詫びを言い、手の傷の心配をすると思うのですが、北欧ではこのような対応がスタンダードなのでしょうか…なんだか、手助けをする方が、誘拐犯と誤解されるので損だという価値観に陥り、ひいては子どもたちが危険にさらされる確率が高まりそうな気がするのは、私だけでしょうか…
このシリーズ、子ども心を丁寧に描いていて、基本的な部分ではおすすめなのですが、その辺りの文化の違いがちょっと引っ掛かったので、星をひとつ減らしました。
(てんちゃん文庫さん 40代・ママ 女の子18歳、男の子15歳、女の子10歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
1,870円
2,640円
1,650円
1,870円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

2,970円
385円
385円
1,430円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

やんちゃっ子の絵本 (6) だれがいなくなったの?

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら