話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

ごんぎつね

ごんぎつね

  • 絵本
作: 新美 南吉
絵: 柿本 幸造
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2013年01月10日
ISBN: 9784062181594

出版社のおすすめ年齢:3歳〜
AB版 32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

この作品の関連記事

関連するスペシャルコンテンツ


柿本幸造さん生誕100周年記念特別企画 出版社・書店 座談会

みどころ

続きを読む
ごんぎつね

ごんぎつね

出版社からの紹介

いたずら狐のごんは、兵十が病気の母親のために捕っていた魚やウナギを逃してしまいます。
ごんは、なんとか償おうとしますが……

ベストレビュー

新美南吉さんの優しさが伝わるお話です

新美南吉さんが17歳の時の作品だそうです

昔の人々は 村の人と 共存して暮らしていました

川の魚や 山の物をとって 暮らしていたのです。へいじゅうが川でとった魚をいたずらしてにがした きつねのごん
ごんぎつねも ひとりぼっちで暮らしていたので 村へ行っていたずらばかりしていました

ところが へいじゅのおっかさんが死んでしまって、一人暮らしになった へいじゅうをみて  ごんぎつねは 反省するのです

へいじゅうに 魚や くりを届けに行くのですが・・・・

へいじゅうは不思議に思い・・・
ある日ごんぎつねを見つけ  前に 母親に食べさせようとしたウナギを捕られたことを思い出しました
へいじゅうは とっさに 鉄砲で撃ったのです
悲しい結末ですが・・・・・

良いお話しです 
しみじみと 新美南吉さんの 優しさを感じました
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
1,925円
1,760円
1,320円
2,530円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

2,640円
880円
880円
880円

出版社おすすめ




いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

ごんぎつね

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら