新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
さようなら、おばあちゃん

さようなら、おばあちゃん

  • 絵本
作: メラニー・ウォルシュ
訳: なかがわ ちひろ
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2014年02月17日
ISBN: 9784593505586

出版社のおすすめ年齢:3歳〜
270×250mm 40ページ

みどころ

続きを読む

出版社からの紹介

おさない子どもたちにとって、身近な人が突然いなくなる「死」は理解しづらいもの。大切な人の死と向き合う子どもの疑問に、やさしいことばと簡単なしかけでこたえてゆく絵本。

ベストレビュー

「死」について考える明るい仕掛け絵本

作者のメラニー・ウォルシュさんの絵はとっても可愛らしい感じでしたが、この作品では小さな子どもたちにも理解できるようにと書かれた「身近な人の死」について描かれた作品でした。
「死」について語っていますが、中身は子どもたちの好奇心を盛り立てようとしているためか、仕掛け絵本になっていますし、表紙絵は明るいブルーでピンクのお花まで散っていました。
なので、タイトルや内容のわりに全然重たい悲しいイメージは感じませんでした。

この作品に触れて、話して小さなお子さんたちが「死」について理解できるかどうかはわかりませんが、
身近な誰かが亡くなった時、その誰かがどこへ行ってしまったか考えるきっかけにはなりそうな気がしました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子20歳、女の子15歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,760円
1,100円
1,100円
1,485円
825円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

385円
385円
528円
770円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

さようなら、おばあちゃん

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら