話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

いなくなったたいよう

いなくなったたいよう

  • 絵本
作・絵: シュチェパーン・ザブジェル
訳: 大島 かおり
出版社: 佑学社

税込価格: ¥1,078

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1978年03月
ISBN: 9784841601107

A4

ベストレビュー

希望はこどもってことかな?

不思議な題名だったので読んでみました。一言でいうと、技術や産業が進歩して環境破壊が起きたことがテーマになっています。太陽が昇らなくなるのです。そして、一人の年寄りの言葉を半信半疑だけれど信じて策に出るのですが、やはり、太陽は昇ってこず.... 一人去り二人去りと。最後に残ったのは、たった一人のこどもでした。

普通なら、ここで太陽が昇ってきて、めでたしめでたしで終わるはずなのですが、確かに太陽は昇ってきます。でも、それは、田舎限定の話で、都会ではまだまだと言う状態です。そして、最後の一行の、

「また お日さまが いなくなってしまった」と こどもたちは しょんぼりして
いいました。「でも、このままじゃ いけない! お日さまの いのちを
すくわなければ ぼくらは いきていけないんだ!」

で、ブツっとまるで電話が突然切れたかのように、話が終わります。結構、衝撃的な終わり方でした。だって、ちっともハッピーエンドじゃないんですもの。でも、「希望は、こどもたちだ」ということなんでしょうね。そして、こどもたちに託されることの大きさに、なんか申し訳ない気持ちになりました。

もう30年以上前に出版された本みたいですが、今もこの環境問題は地球的な規模で起きていますよね。当時の時点での、環境破壊への警鐘本だったのかもしれません。。
(汐見台3丁目さん 40代・ママ )

関連記事

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

いなくなったたいよう

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら