話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる

きょうりゅうのおおきさ自信を持っておすすめしたい みんなの声

きょうりゅうのおおきさ 監修:冨田 幸光
写真:榎本 功 ほか
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:2006年06月
ISBN:9784893250537
評価スコア 4.4
評価ランキング 12,907
みんなの声 総数 4
「きょうりゅうのおおきさ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 比較してあって分かりやすい

    「おおきなかがく」シリーズの中の1冊。
    この本の対象年齢は、幼稚園児〜小学校低学年なので、非常に分かりやすくまとめられています。各ページ子供と恐竜との比較がなされているので、今までとても大きな存在だと思っていた恐竜も、案外小さいがあることに子供はビックリしていました。文字も大きく園児でも読みやすいです。導入にはピッタリです。

    投稿日:2013/10/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • みてみたい!

    こんな生物が、かつて地球上に居たということが、本当に不思議です。
    大きさは、ネコほどのものから、飛行機ほどの大きさがありそうなものなど色々いますが、現代の生物とはあきらかに違います!

    人間から見たら、おおきなおおきな世界。目の前にしたら、圧倒されるでしょうね〜。
    娘も、「ほんもの、みてみたい!」と言ってました。

    現実なのに、今は見ることができない世界。
    夢が広がります!

    投稿日:2014/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力満点!!

    • ハリボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子8歳、女の子5歳、

    実際の恐竜の大きさが分かりやすいように、幼稚園児〜小学校低学年位の姉弟の写真と、いろいろな種類の恐竜の絵(写真のように迫力満点!)とが合成されて、紹介されています。

    各ページ、一つの恐竜の紹介になっていますが、端的で分かりやすく、ページの下部に名前の意味、大きさ、肉食草食の区別なども書かれているので、その恐竜の基本情報を得るのに十分な内容だと思います。

    人間の子どもとの比較というだけで、恐竜の大きさがとてもリアルに伝わってきて、実際に恐竜が生きていた時代の生生しさが、より身近なものとして感じられました!

    投稿日:2012/04/23

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット