新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ

おやおや、おやさい」 パパの声

おやおや、おやさい 文:石津 ちひろ
絵:山村 浩二
出版社:福音館書店
税込価格:\990
発行日:2010年06月
ISBN:9784834025552
評価スコア 4.48
評価ランキング 10,424
みんなの声 総数 113
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 愉快な野菜マラソン

    野菜たちがマラソン大会に出たら、こんなに楽しいのですね。
    リズミカルな言葉遊びと、野菜の表情がとても和ませてくれました。
    これで好き嫌いが無くなったら言うことなしですね。
    応援の野菜からもいろんな声援が有りそうで、登場キャラクターを眺め回して楽しみました。

    投稿日:2016/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズム

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    石津ちひろ/文、山村浩二/絵のコンビによる「くだもの、だもの」の続編。
    今回は、擬人化した野菜が、マラソン大会をするという設定。
    それぞれの野菜のシーンでは、短いコメントがつくのですが、石津さんらしい韻をふんだ文章です。
    気にいったのは、
    「りっぱな パセリは つっぱしる」
    「きゅうりは きゅうに とまれない」
    「えのきの あにきは のんきに あるき」
    といったところ。

    英文だとこうした韻をふんだ文章って多く見られるのですが、日本語だと珍しいのではないでしょうか?
    リズム感が良いので、良いテンポで読み聞かせができると思います。
    また、山村浩二さんの絵は、皆さんの評価の高いのも頷ける出来栄えです。
    食材の特徴を上手く活かした絵が、評価されたのだと思います。
    ちょこんと黄色い帽子を被ったかぼちゃとか、麦藁帽子を被ったさつまいもなんて、見るだけで笑ってしまいます。
    でも、一寸絵が妖怪っぽく見えてしまうのは、私だけでしょうか?
    ゲゲゲの鬼太郎に登場しそうな日本妖怪のような印象を持ってしまいました。

    全体的に高いレベルの絵本で、読み聞かせにオススメします。

    投稿日:2011/03/09

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

全ページためしよみ
年齢別絵本セット