新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

手ぶくろを買いに」 ママの声

手ぶくろを買いに 作:新美 南吉
絵:黒井 健
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:1988年03月
ISBN:9784039633101
評価スコア 4.9
評価ランキング 7
みんなの声 総数 105
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

78件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 大好きなお話だけど・・・

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子1歳

    私自身が小学生のときに国語の教科書で読みました。
    本屋で見つけ息子と一緒に読みたくなって購入してきましたが、
    息子はすでに保育園で紙芝居を見たことがあるようで、
    「このお話、ちょっと、恐ろしいんだよなあ」と
    コメントしていました。

    とても心暖まるいいお話なのに、
    5歳の息子的にはどこが恐ろしいんだろう?と思いましたが、
    たぶん、夜一人で知らない場所に買い物に行く狐の坊やを、
    自分と重ねてみていたんだろうなあと思いました。
    手袋を無事買い終えてお母さんの元へ帰ってくるまでは、
    息子もドキドキしていたに違いありません。

    一方の私は、子供の頃には思わなかったことですが、
    お母さん狐、いくら過去のトラウマがあるからって、
    子供一人で夜の街に買い物行かすなよ・・・と
    思ってしまいました。

    大人と子供では見方がとっても違うんですね。
    私はお母さん狐にちょっとガッカリしてしまいました。

    投稿日:2012/07/02

    参考になりました
    感謝
    2
  • 美しい絵

    新美南吉の、名作中の名作。
    いろいろ出版されていますが、
    私は、やっぱり黒井健さんのこの美しい幻想的な絵が大好きです。

    てぶくろを買いに、こぎつねを人間の町へ行かせる母さんぎつね。
    「にんげんはおそろしいものなのよ」と、いいきかせ。
    はじめてみる人間の世界。
    「おそろしい」はずの人間からうけた優しさ。
    人間の親子のあたたかい光景。

    ひどい目にあったことのある母親ぎつねと、
    人間にやさしくされた子ぎつね。
    どっちが本当の人間なのでしょう。

    きつねも人間も、親が子を思う気持ちは同じはずなのに。

    人間とどうぶつの共存をかんがえさせられる絵本でもあります。


    でも何よりも、あたたかみのある美しい絵が、
    この物語をより深みのあるものにしてくれていると思います。


    こどものころから、私の大好きな絵本です。
    こどもに初めて読んでみましたが、
    長いおはなしにも飽きず、何度も何度もよんでくれました。

    子供の心にも同じように、この美しい絵とお話が心に残ってくれるといいな。

    投稿日:2009/10/24

    参考になりました
    感謝
    2
  • ラストのつぶやき

    自分が小さい頃大好きだったおはなしです。
    いろんな方が絵を描いていて、何冊も絵本になっていますが、一番有名なのは、やはり黒井健さんのこちらの絵本なのではないでしょうか。
    優しい色合いの絵で、あたたかみを感じます。
    大人になってから読むと、ラストの母狐のつぶやきに、ちょっと考えさせられました。

    投稿日:2015/10/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 素晴らしい絵本

    寒い冬が狐の親子の住んでいる森にもやってきました。余りの寒さに子狐の手は冷たくなり、霜焼けを心配した母さん狐は、毛糸の手ぶくろを買ってやろうと思いました。しかし人間が怖い母さん狐は、町へと足を進められません。そこで坊やの片方の手を人間の子どもの手にし、坊やだけで買い物に行かせることにしました。ところがお店についた子狐は、間違って狐の方の手を差し出してしまい…。
    これか、ごん狐のどちらにするか迷い、こちらを買いました。冬の寒さと、母さん狐の優しさが、優しい柔らかい絵で、しんしんと伝わってくる素晴らしい絵本です。とても良いお話なのに、泣きたくなるのは何故でしょう。しかし娘には、夏に読んだせいか、いまいち伝わらなかったようです。寒くなったら、また読んであげたいと思います。

    投稿日:2009/09/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 味わい深い絵本

    「手ぶくろを買いに」のお話自体は自分が子どもだったころから知っていましたが、この絵本には、ほかのツールでこのお話を聞くのとは異なる味わい深さがあったように感じました。
    子ぎつねが間違えて本当は出してはいけないほうの手を出してしまったときのドキッとする場面が印象的でした。

    投稿日:2023/07/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学校の国語の教科書に載っていたので、私にとっても小さな頃から馴染みのあるお話です。

    こちらの一冊は、新見南吉さんの文章に日本語の美しさを感じ、冬の夜の幻想的な絵が添えられ、とても素晴らしい作品になっていました。

    6歳になったばかりの娘にはまだ難しい単語や言い回しが多くあったのですが、「どういう意味?」と聞かれて答えながら少しずつ読んでいきました。

    子狐が間違った方の手を差し出してしまったところでは、娘も「はっ!」とした顔をして心配そうにお話の続きを聞いていました。いつの時代も子どもたちを引きつけるお話なのだと実感しました。

    冬になったら必ず読んであげたいなと思う一冊です。

    投稿日:2021/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間はいいものかしら。

    子供の頃、教科書で読んだなぁという記憶がある懐かしのお話。新美南吉さんの不朽の名作ですね。
    こぎつねが、人間のまちに手袋を買いに行くお話です。
    かあさんぎつねから人間は怖いものだから、と聞かされ、必ず人間の手を差し出して手袋を買うんだよと教えられ、白銅貨を握らされたこぎつね。
    でも、間違えて、きつねの手を差し出してしまうんですよね。だけど、ちゃんとお金を持っていることが分かると手袋を売ってくれた帽子屋さん。
    更に、人間のお母さんの優しい声の子守唄を聞いたこぎつね。
    お母さんの知っている人間も人間だけれど、
    こぎつねが出会った人間もまた人間なのです。

    色々な方が、絵を描かれていますが、私はやはり黒井健さんの温かみのあるきつねの絵が好きです。

    投稿日:2020/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬に読みたい

    久しぶりにこのお話を読んでみたいと思い図書館で借りました。初めて知ったのは小学生の子供の頃、教科書に載っていたことでした。なんて素敵なお話だったのだろうと感じました。大人になり絵本が好きでいろいろなお話を読むようになって、教科書と絵本では感動がまた違いますね。イラストが優しくて、言葉もきれいで…息子にもこういったお話をたくさん読んであげたいと思います。

    投稿日:2020/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい絵本です

    子供の頃、母の趣味で購入した絵本です。絵がとても綺麗だなと思ったのを覚えています。表紙の絵から、暗いお話なのかな?と思っていました。
    子供のキツネが間違った手を出してしまったときは本当にドキドキしました。今、自分が母になってみると、この母狐の気持ちが分かるような、分からないような…。

    投稿日:2019/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔、イラストがかわいかったので購入し、そのまま仕舞っていました。

    子供が生まれ、絵本の読み聞かせで赤ちゃん向け絵本が少なくて、私自身の気分転換もかねて読んでみました。

    子供がまだ0歳なので、もちろん内容は理解していませんが、母親の音読効果?絵の効果?なのかどうかわかりませんが、おとなしく聞いてくれました。
    何回か読んでいますが、この絵本はあまりぐずりません。
    (ちなみに、ある絵本では何回かチャレンジしてもぐずります)

    風景の描写が、美しい日本語で表現されていて、さすが新美南吉。
    対象年齢が大きい子向けですが、大人でも十分楽しめます。
    この絵本がきっかけで、子供が小説に興味をもってくれるかな?と思うほど、文章がすばらしいです。

    内容を一言でいうと、「はじめてのおつかい」ですね。
    最初は、子供を一人でおつかいにだすなんて!と思いましたが、何度か読んでいるうちに、母狐の愛情と葛藤を感じました。
    最後の母狐の言葉は、子供にとって、とても考えさせられる言葉だと思います。

    投稿日:2018/02/07

    参考になりました
    感謝
    0

78件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ボードブック はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

みんなの声(105人)

絵本の評価(4.9)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット