新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

幸せの絵本ー大人も子どももハッピーにしてくれる 絵本100選」 パパの声

幸せの絵本ー大人も子どももハッピーにしてくれる 絵本100選 編:金柿 秀幸
出版社:SBクリエイティブ
税込価格:\1,760
発行日:2004年09月
ISBN:9784797327823
評価スコア 4.87
評価ランキング 40
みんなの声 総数 165
「幸せの絵本ー大人も子どももハッピーにしてくれる 絵本100選」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 娘からもらった幸せの手紙

    絵本クラブ対象

    「ぺぺへ モミより
     ほん よんでくれて ありがとう
     よんでくれたから げんきに なれたよ
     ありがとう」
    (※「ぺぺ」=パパのこと)

    保育園で友達とけんかして、落ち込んでいた娘のモミ(6歳)。
    『はっぴいさん』(作・絵 荒井良二)を読んであげたら、こんな手紙を書いて、そっと渡してくれました。

    『幸せの絵本』シリーズを参考に絵本をセレクトしはじめて、かれこれ4年。パパが娘に読み聞かせをしてあげた本は、200冊くらいになるでしょうか。

    4年前は赤ちゃんだったのに、いつのまにか、こんな手紙を書けるようになった娘。これまで読み聞かせをしてきて、本当によかったと感じた瞬間でした。
    ありがとう、『幸せの絵本』!!! 
    これからも、たくさんのご家族に幸せを届けてくださいね!

    投稿日:2012/02/26

    参考になりました
    感謝
    6
  • 新米パパに

    私がこの本を手にしたのは長女がうまれて間もない頃。
    絵本を読んであげたいけど、いったい何から読もうか・・・?
    そんな時期です。

    私は書店で絵本を選び始めると、
    いろいろ読み比べて、1時間くらい真剣に考えてしまいます。
    背表紙がずらりと並んだ絵本売り場は大抵、
    新米パパが子供にぴったりの絵本を見つけるには不親切だからです。
    「幸せの絵本」はそんな新米パパにとって、すばらしい参考書になりました。

    まず第一に、絵の雰囲気が一目で分かるというのが嬉しいです。
    本書では見開き1ページを使って、
    絵本の1ページをカラーで見せてくれます。
    新米パパは背表紙でタイトルを確認し、
    書店の棚から抜き出し、
    好みの絵じゃないからとまた戻す・・。
    この作業を結構やるんです。

    第二に、絵本の分類の仕方が素敵です。
    「親子の絆を確かめ合う幸せ」にはじまり、
    「〜幸せ」というくくりがなんと15もあります。
    それぞれで紹介される絵本の合計はなんと100!
    どんな絵本を読んであげたいという漠然としたプランしかもっていない新米パパにとって、
    このバリエーションの豊富さは、
    絵本の奥深さ・魅力を認識する上でとてもインパクトがあります。

    第三に、読者の生の声。
    子供に読み聞かせた経験の少ない新米パパにとって、
    読者の声はまさに胸躍る内容です!
    早く絵本の効能を確かめたくなることは間違いありません。

    絵本を読むことが子供にとっても親子関係にとってもプラスになることは、
    パパの共通認識。
    でも絵本の奥深さや魅力を理解するのって、
    きっかけが必要かもしれません。
    本書はそのきっかけになり得ます。

    私は子供が寝る前に抱きしめることを習慣にしています。
    通称「ぎゅっ」。
    この素敵な習慣は、本書で1番はじめに紹介されている絵本「ぎゅっ」を読んでからスタートしたもの。
    絵本はこんな具合に大きなパワーを持っています。
    その気付きを与えてくれた本書に感謝します!

    投稿日:2012/02/05

    参考になりました
    感謝
    3
  • 参加意識のある絵本紹介

    今回の絵本ナビ企画で、以前の本が気になって手にしました。
    意外と読んでいない本が多いことを感じました。
    対象が幼児から低学年向けであるからでしょうか?
    絵本ナビを知るはるか昔の懐かしい絵本も見つけました。
    テーマで分けてはありますが、深みを持たせるのではなく羅列的な紹介に終わっていると思います。
    でも、この本は理屈から入るのではなく、気楽な絵本探しを前提にまとめられているのです。
    絵本ナビの特徴である、仲間意識が味わえるのもうれしい本です。
    ただ、レビューの文章が、色彩によっては読みづらいのが残念でした。
    私も絵本ナビを楽しませていただいているのですが、グレードアップしている絵本ナビに合わせて第3集が充実することを期待しています。

    投稿日:2011/09/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 幸せの源

    「子供と絵本を読んでいる時って本当に幸せ!」と感じているパパの一人です。
    幸せの時間を増やすために、娘に絵本を買い与えてきました。
    買い与えた絵本を振り返ると、「幸せの絵本」に掲載されているものが多く、反響があったものばかりでした。
    5歳の娘は、「幸せの絵本」をカタログ集のように、「これあるよ!」、「これ今度買いたい!」と言っています。
    すべての作品に見開きページが掲載されているのが良かったようです。
    「幸せの絵本に掲載されている絵本」は幸せの源です。

    投稿日:2006/03/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • なかなか使えるガイドブック

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子3歳、女の子0歳

    絵本を選ぶときはつい自分が幼い頃の経験をもとに選んでしまいがちです。
    それも一つの方法だとは思うのですが、近年いい絵本もたくさん出版されていますし、なにより偏ってしまうのが気になります。
    この本を見ると、実に幅広いセレクトで絵本が選出されていて、いい参考になります。
    自分の知らない絵本も多く、子供に読ませてあげたいものもいっぱい紹介されているので、いいと思いました。

    投稿日:2013/10/20

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

全ページためしよみ
年齢別絵本セット