新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

ゆきがやんだらなかなかよいと思う みんなの声

ゆきがやんだら 作・絵:酒井 駒子
出版社:Gakken Gakkenの特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:2005年11月
ISBN:9784052024948
評価スコア 4.61
評価ランキング 4,041
みんなの声 総数 74
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 真っ白な世界

    たくさん積もった真っ白な雪。

    朝起きたら雪が積もっているから

    園バスが動かないということで園はおやすみに。

    雪と聞いて慌てて窓の外をみます。

    何もない真っ白な世界。

    お父さんも飛行機が飛ばないから帰ってきません。

    お母さんと二人だけの世界です。

    雪のおだんごは小さくてとってもかわいい。

    ちょっと夜遅くまで起きて

    雪遊びをしていました。

    投稿日:2020/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • うさぎの親子

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    うさぎの母子のゆきのひの1日を描いた絵本。
    微笑ましかったです。
    園は雪だからお休みとか、父親が雪が止まないと帰ってこれないとか、たいへんな面もたしかにあるのですが。
    こどもは雪は好きですよね。うちの子たちも大好き!
    まっさらな雪にあしあとをつけるのは大人でも楽しいかも。
    いい親子関係だと思いました。

    投稿日:2017/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪が降る日の無音の世界。

    夜のうちから雪が降り続き、
    朝になっても降りやまない。
    園バスもこない。
    お父さんが乗るはずだった飛行機も飛ばない。
    大雪の日は、家の中が急にしーんとして、閉ざされた空間になるのです。

    子どものころ、雪国に住んでいました。
    このしーんとした空気感、すごくよくわかります。
    雪の降る日は、無音なのです。
    今は年に1度も雪が降ることのない地域に住んでいますが、
    大雪を経験したことのない息子は、この本に不思議と興味を示します。
    憧れの世界なのかもしれません。
    芸術的な挿絵も本当に素敵。

    ただし、私は子どものころ、雪が降り続くなか遊びんだものです。
    毛糸の帽子と手袋して、雪だるまを作ったり、雪合戦をしたり。
    帽子や肩や背中にはどんどん雪が積もっていくけど全然気にしないし、
    風邪もひかない。
    雪がやまないと外に出てはいけない理由がわかりません。
    暖かい時期のべちゃべちゃの雪なら濡れるから遊べないけど、
    この絵を見る限り、寒い時期のしっかりとした雪のようです。
    私が親だったら、雪でもどんどん外で遊べって言うんだけどなあ。

    投稿日:2016/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 真似できないなあ

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    図書館の冬特集で紹介されており、借りてきました。

    酒井 駒子さんの静かな絵が雰囲気に合っていて、
    絵を眺めるだけでもとても素敵でした。 

    内容がそうそうといえるエピソードばかりで、
    雪がやむまでお家の中で過ごしたり、
    パパが帰ってくるのを期待して、心配して、
    面白く読めました。

    でも真似できないなあと思ったのが
    寝る前に雪がやみ、
    子どもと一緒にあったかくして外を歩くお母さん。

    私だったら、寒いし、風邪引くからまた明日にしようと言ってしまうでしょう。
    でも、子どもには寒くて暗いなか、静かにお母さんと歩いた記憶は
    残るんだろうなとやってあげたいな、
    でもやっぱり私はそんなに度量は大きくなれないかな、
    といろいろ考えてしまいました。

    投稿日:2016/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • お馴染みのうさぎさん

    私が祖母にこの絵本を買ってもらった時は、
    話の意味が、よくわかりませんでした。少し難しかったようです。
    そして、最近もう一度読み直してみました。
    するとなんだかジーン…。

    子供は雪の日、興奮しますよね。朝起きると外が銀世界…。
    雪は嬉しいけど、雪がやんで良いこともたくさんあるんですね。

    酒井さんといえばの、うさぎさんと、暗い雰囲気の雪が
    とても合っていて良かったです。

    投稿日:2013/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 安心して読めます

    「よるくま」と「ぼく おかあさんのこと」のそちらにも似た部分のある雰囲気の絵本で、酒井さんの絵本は少し怖い絵本もある中で、安心して読める絵本でした(#^.^#)今回は、図書館で借りて読みましたので、また冬の初めころに購入してあげようと思いました。

    投稿日:2012/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身近な風景が宝物のよう

    酒井駒子さんらしいやわらかなタッチの絵と、穏やかでやさしいうさぎの親子の会話が印象的な美しい絵本
    でした。雪の降る日の、静かで、でも心はウキウキする感じを思い出します。
    マンションに住んでいる小さい子どもとママが、パパの帰りを待っている。すぐそこにありそうな身近な風景が、宝物のように感じられます。

    投稿日:2012/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かで身近な世界

    3歳4ヶ月の息子に読んでやりました。東京に住んでいるので、年に1度雪が降るか降らないかの生活の私たちには、とても身近に感じるストーリーでした。私たちにとって雪の存在は特別なもの。急に静かになったり、生活が不便になったり、でも雪で遊ぶことがとても楽しい!だけで終わったり。

    そんなとても私たちに身近な雪の世界を再確認させてくれる絵本でした。なかなか雪が降らないから、雪を特別なものだとわくわくさせてくれるそんな疑似体験ができる絵本ですよ。

    投稿日:2011/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かな静かな雪の一日

    • 夜の樹さん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子2歳

    2歳の子供に読み聞かせました。

    雪が降って園はおやすみ。お仕事で遠くにいっているパパは飛行機がとまってかえることができません。そんな母子二人だけの静かな雪の一日を描いた本。

    ちょっぴり寂しいけど母子がしっかりと結びついていてちょっぴり暖かい、絵のタッチもそんな内容にピッタリです。

    特に文章の無いページから雪の日の静けさが伝わります。

    また子どもと二人きりで家に閉じ込められイライラしそうなものなに、そんなシチュエーションでも優しいお母さんの姿に頭が下がります。

    個人的には主人公親子がうさぎではなく人間の方が感情移入しやすかったも・・・。

    投稿日:2010/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私は台風と重ねちゃいます

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    雪の降る一日のお話。

    雪が降り続いてどこへも行けない。園もお休み。
    お父さんも帰ってこられない。

    私が住む地域は雪とは無縁なのですが、台風のときと重なりました。

    どこへも出られず、自分たちだけ取り残されたような、家の中だけで過ごす一日。

    雪がやんだら(雨がやんだら)、夜であっても、少しだけ外に出たい気持ち、すごく分かります。

    酒井駒子さんといえば、“よるくま”のファンタジックな絵本のイメージでしたが、こんな味のある挿絵も描かれるんですね。
    目を奪われる美しさでした。

    投稿日:2010/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどもべやのよる
    こどもべやのよるの試し読みができます!
    こどもべやのよる
    出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    岩波の子どもの本 最新刊。こどもべやに夜がきました。せかいじゅうで、おきているのは、いっちゃんだけ。


児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

みんなの声(74人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット