話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

あきにであったおともだち」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

あきにであったおともだち 作・絵:亀岡 亜希子
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2007年09月
ISBN:9784894235373
評価スコア 4.41
評価ランキング 12,509
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小さな恋

    オコジョのタッチィと、人間の女の子ハーミーちゃん。
    二人それぞれの、小さな恋が切なかったですね。
    秋のひんやりした空気や、冬眠前のしばらくの別れという出来事も重なって、とても上質なお話になっていたと思います。

    投稿日:2013/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めて知る恋の味

    おなじみタッチィシリーズの秋の絵本は、少し甘酸っぱい恋のお話でした。

    秋の森でハーミィちゃんという女の子と仲良しになったタッチィ。
    すぐに打ち解けて、落ち葉が舞い散る中お茶会の会場づくりを始めることになります。
    お茶会を楽しみにしていたタッチィですが、ハーミィちゃんから「お茶会の招待状を渡したい相手がいる」と聞かされて…?

    タッチィが初めて知った『恋』という感情。
    大好きなのに冷たくしちゃったり、腹が立ったり悲しくなったり…それは、『好き』だからこそなんですよね。
    最後には、ハーミィちゃんのことを笑顔で応援してあげることができたタッチィ。少し大人になれたかな?
    初恋の揺れる想いを繊細に表現した、とてもいい絵本だと思いました。

    タッチィが楽しみにしていたお茶会。
    最後のページをめくったら、にっこり笑顔になりました。
    紅葉の戸外でお茶会をするのは、すごくさわやかで気持ちがいいでしょうね。

    投稿日:2012/09/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あきにであったおともだち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット