新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

新刊
うまうま あーん!

うまうま あーん!(評論社)

食べることがきっと楽しくなる!

  • かわいい
  • 盛り上がる

はるがきた」 大人が読んだ みんなの声

はるがきた 作:ジーン・ジオン
絵:マーガレット・ブロイ・グレアム
訳:こみや ゆう
出版社:主婦の友社
税込価格:\1,430
発行日:2011年03月
ISBN:9784072742754
評価スコア 4.57
評価ランキング 5,681
みんなの声 総数 41
「はるがきた」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 春よ!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    春がなかなかやってこない…。
    やってこないといっておとなしく待っていることはない!と言って行動してしまえる男の子に感心しました。
    街の人たちも楽しそうだと思いました。
    例えペンキで描かれたものでも気分は華やぐと思います。
    人々の心に男の子は春を呼んでくれた気がします。

    投稿日:2014/03/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 春の訪れ

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子2歳、女の子0歳

    こちらの絵本は3色刷りのため“春らしい華やかさ”は少な目ですが、
    でも北国の春の訪れは、まさにこの絵本のようです。

    薄黄緑色のふきのとうが芽吹き、
    緑色のクロッカスの葉が地面から顔を出し、
    黄色いタンポポが花をつける。
    冬の、灰色がかった薄い水色の空が、
    春に向かって少しずつ青味を濃くしていきます。


    東日本大震災後、
    テレビのニュースに向かうのは居た堪れなくて、
    絵本を読んで癒されては、絵本ナビのサイトを訪れています。
    いつも、僅かな支援しか出来ない無力感と、
    現実逃避している罪悪感が心の底にあります。

    そんな中、
    「まってなんかいないでさ、ぼくたちで まちを はるにしようよ」というポジティブな言葉に、
    ハッとさせられました。前向きでいなくちゃ!と元気を貰えました。

    北国の春は、もうすぐです。
    信じて、微力でも息の長い支援をしていこう、そう思えました。

    投稿日:2011/04/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 待ちきれなくて

    寒い寒い冬が過ぎて暖かくなったのに草木や花々は芽吹かず、街は灰色のままです。
    待ちきれなくなった町の人々は、自分たちの力で春を作ります。
    その方法は、街中に春の景色を描くことでした。
    でも、あるトラブルが起こって……。

    待っても待っても訪れない幸運は、自分たちでつかみに行こう!
    春を待ちきれない人々の行動を通して、この絵本はそうささやいているのかもしれません。

    投稿日:2020/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春が待ち遠しいなー

    いいですね。この発想が素敵。
    春を待っているのではなく、自分達で春に変えてしまおう!なんて。

    街中、こんな風にお花だらけにペイントされたら明るくなるでしょうね!
    読んでいるだけで気分がワクワクしてきました。

    雨で絵は流されてしまったけれど、そのおかげで、本当の春もやってきます。

    お花や緑の色合いが元気にしてくれます!

    少し、暖かい日も増えてくる立春過ぎた頃に読んでみるのも良い絵本だと思います。

    投稿日:2017/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当の春がやってきます

    私自身はどちらかと言えば秋冬の方が好きですが、なぜか動物たちが春を待つ絵本は大好きです。
    この絵本は人間が春を待ちきれない絵本なのですね。
    大人も子供も一緒になって絵を描くことで春を作り上げようとするところが楽しいです。
    街が明るい緑と黄色とブルーに変わって行きますが、一晩の激しい雨がそれを洗い流してしまいます。
    でもそれが、早春の春を呼ぶ雨だったのですね。
    前向きになってやってみようという気持ちになれる絵本だと思います。

    投稿日:2016/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 発想が素敵

    どろんこハリーの作者の方の作品とあって興味を持って読みました。
    自分たちで春をつくるという発想がとっても面白く、大人が読んでもワクワクさせられました。子どものころに読んだら、もっと楽しめたんじゃないかなと思ってしまいました。タンポポや小鳥などのイラストを描く様子がなんとも可愛らしく、ほっこりさせていただきました。ラストは本物の春の訪れが来て、なんとも幸せな気持ちにさせてもらった1冊です。春におすすめの1冊だと思います。

    投稿日:2016/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今の季節にぴったり

    どろんこハリーの作者と知って、読んでみました。春をまちかねる町の人々に、男の子が「はるをまってないで、ぼくたちで町をはるにしよう」と提案します。町中にはるの絵がかかれていくのですが、その様子が、いきいきと描かれていて、人々のわくわくした気持ちまで伝わってくるよう。
    描かれた春と、本物の春。みどりときいろと青の少ない色味で、どちらも素敵に描き分けられていました。
    まさに、今の季節にぴったりの物語です。

    投稿日:2016/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春を待ちわびる季節に!

    4歳幼稚園年少さんの娘と一緒に読みました。
    有名な「どろんこハリー」の作者の絵本だけあって娘も気に入ってよく見入っていました!
    春を待ちわびる季節に読みたい絵本です!
    それにしても市長に話して街のみんなで街中に絵を書いて春にするなんてすごいですね(笑)。
    雨で流れてしまったけど,その雨で本当の春が訪れたという結末もよかったです。
    子供には許可なしに落書きはダメなことは話したいですね。

    投稿日:2015/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな街に住んでみたい!

    みんなで一斉に春を描くなんて・・・
    なんて素敵な街なんでしょう。

    こんな街に住んでみたい!

    街の色々な場所が描かれているのですが
    どこにいる人も、みんな幸せそうなんです。

    絵は雨で流れてしまいましたが・・・
    その後の展開に、また心がポカポカになりました。

    投稿日:2014/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目覚めの雨

    3ヶ月くらい前から「読もう、読もう」と気にかかっていて・・・気がつけば、季節はすっかり夏になってしまいましたが。
    春を待ち望んでいる気持ちでいっぱいの、優しくて楽しいお話だと思います。
    「春一番」なんて突風もありますが、このお話では、雨が春の目覚めとなっていましたね。

    投稿日:2012/07/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はるがきた」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット