新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

新刊
うまうま あーん!

うまうま あーん!(評論社)

食べることがきっと楽しくなる!

  • かわいい
  • 盛り上がる

びゅんびゅんごまがまわったら」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

びゅんびゅんごまがまわったら 作:宮川 ひろ
絵:林 明子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:1982年07月
ISBN:9784494006038
評価スコア 4.77
評価ランキング 654
みんなの声 総数 72
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • タイムリーだったので

    娘の学校では読書週間のイベントとして
    ある一定の貸し出し冊数に達したらBINGOゲームをさせてもらえるらしく見事BINGOになると図書委員お手製のびゅんびゅんごまが商品にもらえるらしいのです。
    今娘は2つ獲得しています。
    毎日毎日巧く回したいと頑張っている娘に楽しんでもらえるかなと思ってこの絵本を借りてきました。
    閉鎖されてしまった遊び場の開放を求めて
    子どもたちと校長先生との駆け引き(?)が楽しい形で描かれています。
    4つものびゅんびゅんごまを手足を巧く使って同時に回せる校長先生。
    娘は尊敬のまなざしで見ていました。
    娘は2つしかないコマを手と足を使って絵本の中の子どもたちのように
    せっせと練習して見事2つ同時に回すことに成功しました。
    びゅんびゅんごまに限らず竹馬や自然にあるものを使った遊びなど
    昔ながらの遊びを嬉々としてやっている子どもたちと
    校長先生の無邪気さが素敵に描かれている珠玉の絵本だと思います。
    ぜひぜひオススメします。

    投稿日:2010/11/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • こんなことがありました

    • ほんもふさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 男の子8歳、男の子6歳、男の子3歳

    小学2年の子供の感想です↓
    ....................................................................................................

    ぼくは この本をよんで すごいなというところがありました。
    校長先生が、ぶんぶんごまを たくさんまわせることが すごいからです。
    ぶんぶんごまを 四コや二コ つかって 手や足を上手につかって
    すごいな と思いました。

    ぶんぶんごまだけでなく はっぱのふえ、草ぶえも でてきます。

    さいごに 校長先生が 森にいく かぎを あけてくれたので
    ぼくも あそこで あそびたいな とおもいました。

    投稿日:2018/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な学校ですね

    • ときいるさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳

    昔遊びがたくさん出てきて小1の娘は夢中になっていました。
    学校の裏にある自然いっぱいの山に、子供と本気になって遊んでくれる校長先生。
    今ではなかなかできない貴重なものですよね
    娘も私の小学校がこんな学校、校長先生だったら良かったのに〜といっていました。
    ゲームにスマフォ、今の子供は刺激的な遊びが満載ですが、時代が変わっても子供が心惹かれる遊びってあるんですね。

    投稿日:2017/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 校長先生

    ちょうど、娘の学校でも「びゅんびゅんごま」の工作をしていたので、ぴったりな内容でした。
    この好調先生が、何ともいえないですね。
    最初は、とっつきにくい印象でした。
    でも、実は誰よりも子供が大好きですよね。
    足まで使ってまわしている姿には、子供も目を丸くしていました。

    投稿日:2013/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔ながらの遊び

     前から気になっていた絵本でしたが、娘の小学校で「5級図書のお薦め本」の中に入っていたので、ちょうどよい機会と思い読んでみました。

     「びゅんびゅんごま」というものの存在さえ知らなかった私・・・
    3個も4個も同時に回すのが、どれほど難しい技なのかということも想像がつきませんが、子どもたちの一生懸命な様子が生き生きと伝わってきて、わくわくした気持ちになりました。
     娘も私と同じで、何か未知の世界への挑戦を応援するような瞳で、楽しそうに見入っていました。

     この絵本の中には、昔ながらの遊びや、自然を生かした遊びがたくさん出てきます。こういう素晴らしい遊びや自然環境を次期世代の子どもたちにも残してあげたいですね。

    投稿日:2011/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 届け、学童の子供たちに

    ぜひ小学校で読みたいだけでなく、学童で!!!
    ケガ人が出たから禁止。よくあることです。先生側からすれば、したくないけど仕方がないところもあり……。

    娘に「やめときゃいいのにやっちゃって、ケガして禁止!って言われてなぁ、お前がケガするからやでと責められちゃう話やで」と、ちょっと前振りしたら、即読みました。
    「毎日、(学校で)言われてる〜」と共感の言葉をはきながら。

    新しくはない本ですが、今も子供たちの共感を呼び、心の奥深くを鳴らします。これぞ良質であり名作。
    結局遊びの幅が広がった子どもたち。また校長先生の挑戦に脱落した子供がいて、その子にはその子なりの挑戦の仕方があって、それもまた功を奏すところがいいよなぁ〜と読みました。
    校長先生の、真剣に挑むような目つきが印象的です。

    びゅんびゅんごまを実際に見せて読みたいなぁ。

    投稿日:2010/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • びゅんびゅんごまを作りたい

    最初はあまり気乗りのしない息子の表情でしたが、読み始めてみると、どっぷりと浸っていました。

    絵が落ち着いた林明子さんということもあり、絵だけでおもしろ系ではないと判断したようなのです。

    でも、読み進んでいくうちに、自分と同じ小学生のお話。

    それも校長先生との勝負がどうなるのかということがとても気になったようです。子どもって、勝負が好きですよね。

    そして相手が大人とあってはどうしても負かしてやりたいという気持ちが働いたようです。

    最後には、「びゅんびゅんごまを作りたい」と言っていた息子でした。

    話を読むと見ているだけでなくやってみたくなる気持ちよくわかります。

    投稿日:2009/08/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 林さんの絵が生きてる!

    こんな小学校に通えたら素敵でしょうね。校長先生も子供たちも。
    それから学校横の雑木林も。
    びゅんびゅんごまにも色んなまわし方があって、両手両足は想像できませんでした!
    途中でこま回しをやめてしまった女の子の、校長先生とのかかわり方もやさしい気持ちにさせてくれます。

    投稿日:2009/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • びゅんびゅんごまで遊びたくなります。

    びゅんびゅんごまの作り方を教えてもらった時にこの本の存在を教えて頂きました。びゅんびゅんごまを作って遊んだ我が子が読みたい〜と早速手にした一冊です。
    無愛想だけれど心温かな校長先生とやんちゃな子ども達の交流が描かれた名作です。物語はもちろん、林明子さんの絵が絶妙です。昔ながらの遊びに夢中になる子ども達の様子もいきいきと描かれています。公園にもゲームを持ってくる今時の子ども達にこの体を使った遊びの面白さを伝えてあげたいな…なんて思ってしまいました。
    遊び方を知らない子ども達に、遊びを教えてあげられない大人に読んでほしい本です。

    投稿日:2008/11/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「びゅんびゅんごまがまわったら」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しずくのぼうけん / がたん ごとん がたん ごとん / オニじゃないよ おにぎりだよ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

全ページためしよみ
年齢別絵本セット