新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

ようちえんがばけますよ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ようちえんがばけますよ 文:内田 麟太郎
絵:西村 繁男
出版社:くもん出版
税込価格:\1,320
発行日:2012年03月
ISBN:9784774320441
評価スコア 4.6
評価ランキング 4,190
みんなの声 総数 51
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 親子で夢中になって検証!

    うわさには聞いていましたが、こんなに面白いとは!!

    きつねのいたずらのせいで、どんどん変わってゆく幼稚園と園児たち。
    ページをめくるたびに、息子は「あっ、ここが○○になってる〜」と
    大興奮でした。

    最後のほうにある解説?のページを見てからは、
    親と子で検証作業に夢中になってしまいました。

    中でも、息子のお気に入りは「いろんなものを集める少年」です。
    全ページで活躍する少年をぜひ追いかけてみてください。

    言葉が少ないのに、なぜか状況がすんなりわかっちゃう・・・
    絵本って不思議だなぁ〜と改めて感心してしまいます。
    とっても素敵な絵本でした。

    投稿日:2013/01/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • じっくり何度でも楽しめます

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子9歳、女の子6歳

    きつねが呪文を唱えると・・・幼稚園が化けます。
    面影はあるものの幼稚園全体がガラリと変わり、その変化をじっくりじっくりじ〜〜〜〜っくり楽しみました。
    何度も最初のページも戻っては変化を見つけたり、一人一人マークして動きを観察したり。
    何時間何日でも楽しめる絵本でした。
    内田麟太郎さんとの打ち合わせスケッチなんかも出てきて、化け方は色々様々。
    どれもこれもおもしろい!
    そしてその度に最初のページへ。
    まだまだこれから満足するまで楽しみたいと思います^^

    投稿日:2012/03/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • ページをめくるのが楽しい

    最近内田麟太郎さんの作品にはまっていて、借りてみました。

    とっても面白い絵本でした!「ばけますよ ばけますよ」ときつねが唱えると、幼稚園がばけちゃうんです。変身する幼稚園に娘たちは大興奮。「次はなんだと思う?」「すごい!見て見て!」となかなか次のページに進めず。骨のページがあるのですが、そこは「キャー」と言ってすぐに次のページに進みましたが(笑)楽しい絵本です。

    投稿日:2014/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な世界

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子4歳

    「ばけますよ ばけますよ ようちえんがばけますよ」
    ときつねが唱えます。園舎だけでなく
    お友達も化けてしまいます。
    細かいところまでおもしろおかしく化けてしまうので
    絵本に顔を近づけて「あれこれあれこれ」と指差しして
    たのしみました。
    細かく描かれているにも関わらずページ数も多く、
    元に戻ったという安直なエンディングを持ってこず
    不思議ワールドを堪能させてくれる素敵な絵本です。

    投稿日:2013/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい〜っ☆!!

    まさに!『がたごと がたごと』のようちえんバージョン☆「この子は、どうなった?この先生は、どれ〜??」と親子で大盛り上がりです♪
    そして、仕掛け人のキツネがひと眠りしてる間に、勝手に暴走しだすところが、『がたごと がたごと』よりも、更にパワーワップですね!
    探しあそびや間違い探しができるようになったら、絶対、楽しめる一冊だと思います☆

    投稿日:2012/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもたち、大興奮!

    キツネが、じゅもんをとなえます。
    「ばけますよ。ばけますよ。
     ようちえんがばけますよ。」

    最初は、どうぶつ幼稚園、お次は、こんちゅう幼稚園と、幼稚園だけではなく、子どもたちも大変身。幼稚園が変わるたびに、子どもたちも興味津々。木の下で、じゅもんをとなえているキツネのポーズも気になるところ。おばけの幼稚園のシーンでは、
    「こわーい。」
    「こわくない。」
    と、不思議な世界に、すっかり引き込まれてしまいました。
    どんどん変わっていくようちえん、元通りになったかと思うと、あれれれれ…
    最後の最後まで、目が離せません。
    そして、何度も繰り返し、見たくなる一冊です。

    投稿日:2012/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供は楽しんでいました

    ズバリ子供の評価は★五つ。
       親の評価は★三つです。

    子供は次々に化けるようちえんに大喜び。
    次はどんな幼稚園に化けるのかと親子で話したりしました。
     
    私は、なんで化けるのかな?とか他にも余計なことばかりが
    目について正直楽しめなかったのが残念です。

    投稿日:2012/05/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ようちえんがばけますよ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

全ページためしよみ
年齢別絵本セット