話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
季節
ゆき ふふふ

ゆき ふふふ(くもん出版)

真っ白な美しい世界を体で感じ、おもいっきり雪あそびをしたくなる絵本です。

  • かわいい
  • 全ページ
  • ためしよみ

ラブストーリーセレクション(3) 眠れぬ夜をこえて」 渡辺諦さんの声

ラブストーリーセレクション(3) 眠れぬ夜をこえて 編:赤木 かん子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
税込価格:\1,100
発行日:2008年03月
ISBN:9784591101353
評価スコア 4
評価ランキング 30,115
みんなの声 総数 1
「ラブストーリーセレクション(3) 眠れぬ夜をこえて」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 1回ゴタゴタした後、まとまる話4編。

    • 渡辺諦さん
    • 40代
    • その他の方
    • 東京都

    2008年刊行。
    「はいずみ」  古典:堤中納言物語より 漫画:坂口靖子
    「隔離された家」  「アンの友達」より ルーシー・モード・モンゴメリ
    「愁雨歳月」  「燕京伶人抄」より 漫画:皇なつき
    「バタフライの蝶太」  「寄席芸人伝」より 漫画:古谷三敏

    どの話も一度ダメになりそうになってから、愛情が復活するハッピーエンドの話。恋愛物語の醍醐味を味わえる。
    漫画はそれぞれ個性がはっきりしている。とぼけた雰囲気で人生の大変さも全部表してしまう坂口氏。
    1920年代の中国・京劇の世界を流麗に描く皇氏。
    昭和のあったかい人情と厳しい世間をまろやかに描く古谷氏。
    どれも捨てがたい。それぞれの作者のほかの作品もぜひ読みたい。

    赤毛のアンで有名な作家、モンゴメリの作品は、アンは出てこないが、アンに似た頑固で自分の意見を曲げない人が出てくる。
    頑固な人を描くのが好きなのか、作者自身がそうなのか、アンのシリーズは一筋縄ではいかない個性的な変人が目立つ。意見のぶつかり合い、小競り合いを経て、どうにか仲良くなっていく様子を見て、自分の実生活も頑張ろうと思った。
    うまくいかなくても、どうにか頑張って、明るく生きようと思える読後感。ハッピーエンドの話は、やはりいいな。

    投稿日:2021/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ラブストーリーセレクション(3) 眠れぬ夜をこえて」のみんなの声を見る

「ラブストーリーセレクション(3) 眠れぬ夜をこえて」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ ロシアの昔話

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



装丁も新たにボードブックとして登場した、レオ・レオーニの名作『あおくんときいろちゃん ボードブック』

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット