しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ながいかみのラプンツェル」 しろねこさんの声

ながいかみのラプンツェル 作:グリム
絵:フェリクス・ホフマン
訳:瀬田 貞二
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:2017年01月15日
ISBN:9784834002096
評価スコア 4.41
評価ランキング 10,804
みんなの声 総数 16
「ながいかみのラプンツェル」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 原作に忠実ではない

    グリム童話集の初版と決定版の完訳本を持っていますが、どちらとも筋は違います。
    指摘されている方があるように、ラプンツェルは魔女(仙女とも)に荒れ野へ追放されて子供を産みます。一方、知らずに訪れた王子は魔女にののしられ、絶望して塔から落ちて失明。数年さ迷った後、荒れ野でラプンツェルと再会し、彼女の涙で目が見えるようになって国へ戻り幸せに暮らします。
    ホフマンの絵は素敵なので、彼がもう少しだけ原作に近く、せめて魔女を罰するとかいう極端な場面を作らないでくれれば、瀬田貞二さんを翻訳に迎えて最高の一冊になったと思うのですが。
    なんてもったいない・・・。

    投稿日:2020/02/29

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ながいかみのラプンツェル」のみんなの声を見る

「ながいかみのラプンツェル」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ぼうさまのき / きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】第1回「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズ 紅子さんインタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット