新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

体験取材! 世界の国ぐに(33) ブルガリア」 渡辺諦さんの声

体験取材! 世界の国ぐに(33) ブルガリア 文・写真:吉田忠正
監修:ダニエラ・ニコロバ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\2,800+税
発行日:2008年03月
ISBN:9784591100769
評価スコア 4
評価ランキング 28,460
みんなの声 総数 1
「体験取材! 世界の国ぐに(33) ブルガリア」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • バルカン半島に位置し、トルコ、ギリシャ、セルビア、ルーマニアに国境を接する国ブルガリア。ヨーグルトやバラでお馴染みの国の歴史、自然、人々の暮らし、家庭料理、日本人学校、現地の学校、伝統工芸などを紹介する写真絵本。

    田舎っぽい雰囲気と美しさ、温かさが感じられる写真が素敵だ。特に家庭料理は、ヨーロッパの中でも割と野菜を多く食べるらしく、健康的なお料理がたくさん。農業や酪農が盛んで、家庭ではふんだんに収穫できた野菜や果物を瓶詰めなどにして、保管している。昔風のてづくりの暮らし、生活の知恵がしっかり伝承され、日常に生かされている。

    以前、大相撲で琴欧州という四股名のブルガリア出身の力士がいたが、現地では日本を訪れたブルガリア人女性が相撲を広めようと活動し、2007年(出版時)に15の相撲クラブ、約600人が練習しているという。

    オスマントルコの支配、バルカン戦争等、歴史的にも波乱に富んだ国で、いろんな国の影響が見られて興味深い。キリル文字の発祥の地とされていたり、知らないことがいっぱいあって面白かった。

    投稿日:2020/08/24

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「体験取材! 世界の国ぐに(33) ブルガリア」のみんなの声を見る

「体験取材! 世界の国ぐに(33) ブルガリア」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ウソばかりつく悪い子の所には、じごくわらしが来るかも!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット