新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

マリーおばさんと 7ひきの ねこ」 minatsuさんの声

マリーおばさんと 7ひきの ねこ 作:ジェリ・クロル
絵:アン・ジェームズ
訳:木本 栄
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2005年11月
ISBN:9784062626095
評価スコア 4
評価ランキング 24,652
みんなの声 総数 3
「マリーおばさんと 7ひきの ねこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 現代の社会問題が絵本に

    4歳1ヶ月の息子に読んでやりました。ねこ5匹と一緒に住むマリーおばさんは、近所にねこのことで問題を起こしてしまい、役所から引越しさせられてしまうという現代の社会問題を取り上げた絵本です。おばさんが引越しさせられてしまっても、ねこたちはそのまま住み続け、おばさんを待ち続けます。おばさんはねこたちを心配して元の家まで行き、元気であるねこを見て、自分だけがねこたちをかわいがっているわけではないことに気づき、ねこの新しいオーナーを探そうと思う、というお話です。読み続けているうちに、もしかしてとてもさびしいエンディングになってしまうのではないかと思うくらいちょっと心配もしましたが、濁してあるものの、その心配は不要です。社会問題としてとりあげるだけではなく、ちゃんとひとつの解決策を提示されているので、いい絵本だとは思いますが、子供には難しすぎたみたいです。

    投稿日:2011/10/10

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「マリーおばさんと 7ひきの ねこ」のみんなの声を見る

「マリーおばさんと 7ひきの ねこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット