ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

発達と障害を考える本(3) ふしぎだね!? LD(学習障害)のおともだち」 渡”邉恵’里’さんの声

発達と障害を考える本(3) ふしぎだね!? LD(学習障害)のおともだち 監修:内山 登紀夫
編:神奈川LD協会
監修:内山 登紀夫
編:神奈川LD協会
出版社:ミネルヴァ書房
税込価格:\1,980
発行日:2006年05月01日
ISBN:9784623045884
評価スコア 4
評価ランキング 27,659
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • 障害だとわかりにくい。

    文字を読むのが苦手、会話が苦手で一生懸命話すけど意味が通じない、算数が全然できない…学習障害の子どもたちを周囲の人がどうやってサポートしたらよいか、どうしてそういう行動をするのか、練習すればできるようになるのか…などを、具体的な話で分かりやすく紹介。学習障害について仕組みや特徴、大人になった場合なども紹介。

    以前読んだ本で難読症の登場人物がいた。人の話を聞くと理解できるし、自分で話すこともできるが、文字を書いたり読んだりするのが全然できないというタイプの学習障害だ。それから学習障害に興味を持ってこの絵本を読んだ。
    自分が学生の時、特に小学校あたりでこういうタイプの子があったと思う。でも、いろんな教科をやってできるのとできないのがあるのは当たり前だと思っていて、あまり深刻には考えなかった。あれは、場合によってはLDと診断されるものだったのか、と30年もたってから理解できた。自分の知らない分野について読書をする、児童書を読むメリットはこういう所にある。

    大人になってからであった人で、自分から「私は難読症で本が読めない」と言っていた人があったが、個性的な仕事をしていて、普通に会話ができたから、障害だと思わなかった。個性を伸ばす方に生きていけたら、目立たない・わかりにくい障害なのかもしれない。

    何か特定のことが妙にできなくても、人を馬鹿にしてはいけないんだとよくわかった。できない理由が何かあるのだ。

    投稿日:2020/03/29

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「発達と障害を考える本(3) ふしぎだね!? LD(学習障害)のおともだち」のみんなの声を見る

「発達と障害を考える本(3) ふしぎだね!? LD(学習障害)のおともだち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「プラチナブック」新入り絵本を紹介【ブランニュープラチナブック】

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット