ボクはじっとできない 自分で解決法をみつけたADHDの男の子のはなし」 てんぐざるさんの声

ボクはじっとできない 自分で解決法をみつけたADHDの男の子のはなし 文:バーバラ・エシャム
絵:マイク&カール・ゴードン
訳:品川 裕香
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,760
発行日:2014年11月14日
ISBN:9784265850822
評価スコア 4
評価ランキング 26,498
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • 自分で自分の「病い」の解決法を考えた

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    小学校低学年くらいのころ発見されやすい発達障害ADHDを
    分かりやすい絵本の形で紹介してくれているシリーズです。

    この本の主人公デイビッどは本人いわく「じっとしれられない病」正式には「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」という障害です。
    このデイビッドのすごいところは、自分が“じっとしていられない性分”なのだということを理解していて、それをしないためにはどうしたらいいかを自分で考えだしたところなのです。
    それがデイビッドの「解決救急箱」!

    例えば、じっとしれいられなくなりそうになったら「ストレスボールを」握る。
    (これは、実際に取り入れている学校が聞いた気がします)
    例えば、紙に書いて、○○をすると形で合図する。
    (これも確か、取り入れていますよね)

    こういうことを考えられるところが、天才的な力も秘めている学習障害なのだな〜と、思いました。
    後書きに詳しいことは書いてありませんが、この絵本に登場する子どもたちにはたぶんモデルとなる子がいて、絵本で紹介されているようなトラブルや解決方法があったのだろうと思います。
    とても読みやすく親しみやすいシリーズです。
    同年代のお子さんたちも、指導・支援する学校関係の方々もぜひ読んでもらいたい作品です。

    投稿日:2018/02/19

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ボクはじっとできない 自分で解決法をみつけたADHDの男の子のはなし」のみんなの声を見る

「ボクはじっとできない 自分で解決法をみつけたADHDの男の子のはなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット