オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
クッチーナママさん 40代・ママ

映画デビュー
インパクトのある表紙の絵に惹かれて手に…

ぼくつかまらないもん!」 ymotkmさんの声

ぼくつかまらないもん! 文:マーガレット・ワイズ・ブラウン
訳:なかがわ ちひろ
絵:長野 ヒデ子
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2014年10月30日
ISBN:9784751527122
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,845
みんなの声 総数 74
  • この絵本のレビューを書く
  • 少し試してみたくなった

    ある日、うさぎのぼうやは遠くへ行きたくなりました。
    「ぼく、いえでしようかな」
    それを聞いたお母さんうさぎは、
    「あらそう」
    と流すのではなく、
    「それならお母さんは、どこまでも追いかけていく」
    と、いろんな言葉で伝えます。

    この絵本の中でそれを表しているパターンは7つ。

    どれも素敵な文と絵ですが、その中でも特に素敵なのは、ぼうやがことりになったときです。
    お母さんは、ぼうやが
    「ことりになって飛んで行っちゃうよ」
    と言ったとき、
    「ことりがとまりたくなる木になるわ」
    と応えるのですが、その木が抱っこの形をしているのです。
    お母さんがどれだけぼうやのことを愛しているのかが、ひしひしと伝わってきます。

    勝手な想像ですが、ぼうやはきっと、

    ぼくのことをかわいがってくれているけれど、お母さんは、ぼくが悪い子になっても変わらずかわいがってくれるかしら?

    と心配になって、愛を試してみたくなったのでしょう。
    その心配を見事に解決したお母さん。
    ぼうやは、心の底から安心したと思います。

    親子でいっしょに読んだとき、お互いにぎゅうっと抱きしめ合いたくなるような、とても素敵な絵本です。

    投稿日:2020/03/21

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぼくつかまらないもん!」のみんなの声を見る

「ぼくつかまらないもん!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

キャベツくん / おやすみなさい おつきさま / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / おおきなかぶ / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット