まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ぼくとテスの秘密の七日間」 みちんさんさんの声

ぼくとテスの秘密の七日間 作:アンナ・ウォルツ
訳:野坂 悦子
絵:きたむら さとし
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2014年09月
ISBN:9784577042182
評価スコア 4
評価ランキング 22,397
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く
  • 自分の存在を知らない父親

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    自分(テス)の存在を知らない父親と初めて会う話。
    本当にテスの父親なのか、テスは自分が娘だと父親に告げるのか、と思いながら読みました。
    テスといっしょに行動する男の子サミュエルが主人公です。
    サミュエルにけっこう感情移入してしまいました。

    投稿日:2015/09/08

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぼくとテスの秘密の七日間」のみんなの声を見る

「ぼくとテスの秘密の七日間」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



コミュニケーションの基本が身につく、あいさつの絵本

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット