宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ほしにおねがい」 月の華さんの声

ほしにおねがい 作:武鹿 悦子
絵:新野めぐみ
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1993年
ISBN:9784876920501
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,597
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く
  • ほしのこが かわいすぎる

    • 月の華さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子3歳

    七夕の頃の、年長組さんへの読み聞かせにと借りてきました。
    誰かの願いを叶えてあげないと、一人前の星になれない星の子が、えりちゃんの願いに目をつけます。いなくなってしまった猫のみーやをえりちゃんのもとに返してあげたい!
    星の子は頑張りました。途中川の星たちに尋ねようとして落ちた時には、どうなるかと思いましたが、川の星たちに助けられます。
    犬に吠えられて、物置小屋の側まで逃げて泣いていると、小屋の中から猫の鳴き声が聞こえて、みーやを見つけることができました。
    みーやにあえて、えりちゃんが喜んだことは言うまでもありません。
    「ありがとうおほしさま」えりちゃんが言ったとき、星の子はもう力弱くひかひか光る子供の星ではありませんでした。

    投稿日:2016/07/08

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ほしにおねがい」のみんなの声を見る

「ほしにおねがい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / パパ、お月さまとって! / 100万回生きたねこ / もこ もこもこ / いないいないばあ / バムとケロのさむいあさ / かいじゅうたちのいるところ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット