宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ひゃくおくまんのサンタクロース」 さく坊ママさんの声

ひゃくおくまんのサンタクロース 作:もたい ひろこ
絵:マリカ・マイヤラ
出版社:アノニマ・スタジオ
本体価格:\1,500+税
発行日:2014年11月25日
ISBN:9784877587314
評価スコア 3.71
評価ランキング 36,332
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く
  • これはヒドイ

    読後、嫌な気持ちが引きずります。

    絵本のラストは「サンタはいるけど、プレゼントを置いてるのは親」という、最悪の結末です。

    お子さんが「プレゼントを置いているのはママでしょ?!」と疑い始めたらこの絵本を読んであげるのはよいと思いますが、純粋にサンタさんを信じている家庭にとっては絶望的内容。

    これは、サンタさんを信じる家庭にとっては発禁本と言っても良いぐらいです。

    投稿日:2015/12/31

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ひゃくおくまんのサンタクロース」のみんなの声を見る

「ひゃくおくまんのサンタクロース」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / ぼくの ベンチに しろいとり / 星空のジェイク〜JAKE’S STAR〜

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット