花をうめる」 ヒラP21さんの声

花をうめる 作:新美 南吉
絵:杉浦 範茂
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年07月07日
ISBN:9784338200073
評価スコア 4
評価ランキング 28,467
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 少年たちの心のきらめき

    6つの短編の中で、少年たちの心理の機微が繊細に描かれています。登場人物が同じである連作の中で、少年たちの心の純粋さ、残酷さ、時には嘘をつき、後悔に悩まされ、何かが変わっていく様が、新美南吉さんらしい叙情性をもって描かれています。
    後に付された、少年時代の詩歌、俳句と合わせて、子どもに着眼した図書だと思います。

    投稿日:2020/07/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「花をうめる」のみんなの声を見る

「花をうめる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第5回「怪奇漢方桃印」シリーズ 桃さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット