ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ

ちっちゃな サリーは みていたよ ひとりでも ゆうきを だせたなら」 ヒラP21さんの声

ちっちゃな サリーは みていたよ ひとりでも ゆうきを だせたなら 作:ジャスティン・ロバーツ
絵:クリスチャン・ロビンソン
訳:中井はるの
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2015年04月09日
ISBN:9784265850815
評価スコア 4.33
評価ランキング 14,784
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く
  • みんなが声をそろえること

    サリーは存在感がない子として描かれています。
    無視されている訳ではないですよね。
    サリーは目立たない子だけれど、引きこもっている訳ではありません。
    外に、目が向いているからいろんなものが見えているのです。
    そのサリーが「みんな仲良くしよう」と声をあげた時、まわりのみんなはどう思ったでしょう。
    サリーが勇気を持って声を出したと言うことではなく、いきなり想定外のところから声が聞こえたような気がしたのではないでしょうか。
    意識の中にある人間からの声には反応しやすいと思うのですが、そう考えるとこの絵本は不思議です。
    いじめを知っていて、知らないふりをしていた人間たちが、サリーの声に共感する勇気は尊いと思うのですが。
    ケビンのような子が「仲良くしよう」と言ったら、反応はどうだったのだろうかと考えました。
    綺麗ごとに終わらせたくない絵本です。

    投稿日:2022/01/02

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ちっちゃな サリーは みていたよ ひとりでも ゆうきを だせたなら」のみんなの声を見る

「ちっちゃな サリーは みていたよ ひとりでも ゆうきを だせたなら」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おおきなかぶ ロシアの昔話 / はじめてのおつかい / どうぞのいす / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • きみはたいせつ
    きみはたいせつ
    出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    きづかれないほどちいさないきもの  なみにのるいきもの のらないいきもの  みんなだいじだよ  


2022年この夏読みたい絵本・児童書 レビューコンテスト

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット