話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
2〜4歳 はじめてのおけいこ 特別限定版DX(デラックス)特典付 〜おけいこデビュー大応援!5点セット〜

2〜4歳 はじめてのおけいこ 特別限定版DX(デラックス)特典付 〜おけいこデビュー大応援!5点セット〜(学研)

箱を開けたらすぐできる!数量限定DX版♪SNSキャンペーンも開催中!

  • 学べる
  • ギフト

とんまなおじさん」 てんぐざるさんの声

とんまなおじさん 作:サムイル・ヤーコヴレヴィチ・マルシャーク
訳:北村 順治
絵:富山 妙子
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\854+税
発行日:1982年02月
ISBN:9784477173931
評価スコア 3.5
評価ランキング 41,620
みんなの声 総数 1
「とんまなおじさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • おかしなおじさんの詩

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    表紙のおじさんの、のほほんとした楽しげな姿が何とも言えないいい味でした。
    挿し絵は「スプーンおばさん」シリーズの挿し絵も描かれていた富山妙子さんです。
    『詩の絵本』を調べているとき、この本を見つけました。
    第1刷は1970年!と、かなりの年代ものです。
    後書きには出版社大日本図書の“子ども図書館”(という、この本を含め幾つかの子ども向けシリーズ)の刊行にあたってという一文が載っていて、ここに書かれている出版社の意気込みはなかなか好感度大でした。

    まだロシアが「ソ連」と呼ばれていた頃のマルシャークは子どもの為の詩を始めうた、なぞなぞ小説(児童書)戯曲を書いていた方で、当時のこの国の子どもたちで、マルシャークの名前を知らない人はいなかったのではないかといわれています。
    ロシアの昔話を「森は生きている」という戯曲にして子ども向けの劇にしたのは彼だそうですよ。

    さて、ここに描かれている「パセナヤどおりのとんまなおじさん」はとても愉快でおっちょこちょいです。
    たぶん目でみるだけより、声に出してみるともっと面白いかもしれません。

    投稿日:2015/06/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「とんまなおじさん」のみんなの声を見る

「とんまなおじさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はれときどきぶた』40周年おめでとう!<br>作者・矢玉四郎さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット