新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ

おばあさんのしんぶん」 やこちんさんの声

おばあさんのしんぶん 文・絵:松本 春野
原作:岩國 哲人
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2015年07月21日
ISBN:9784062195652
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,625
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く
  • ドラマチック!

    ちょっとできすぎなドラマチックな構成のお話なんですが
    なんと、実話だそうで、びっくり。

    戦後、大黒柱を失った家族の家計を助けるため
    小学生で新聞配達をするのですが、
    その動機の一つには「新聞が読みたい」という気持ちもあったなんて
    新聞離れが進む現在では、なんて純粋な動機なんだと感じました。
    字が読めないおばあさんが、
    ただ哲人少年に新聞を読ませるためだけに新聞を取っていたという事実も、
    本当に純粋に感じます。

    主人公岩國哲人さんは
    東大法学部を卒業後、国会議員にまでなられています。

    ご本人の努力はもちろんですが
    苦しい家庭環境の中、それでも、素晴らしい人たちとの出会いでここまでになられたと思いますし、
    また、それを感謝する心をお持ちだったことを
    巻末の謝辞で感じることができます。

    投稿日:2016/09/06

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おばあさんのしんぶん」のみんなの声を見る

「おばあさんのしんぶん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はじめてのおつかい / どうぞのいす / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



似ているのはいや?自分やお友達の良いところを見つけよう

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット