宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

カプチーヌ」 かおりせんせいさんの声

カプチーヌ 作:タンギー・グレバン
絵:カンタン・グレバン
訳:江國 香織
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2003年
ISBN:9784338119016
評価スコア 4.13
評価ランキング 21,412
みんなの声 総数 7
「カプチーヌ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 冒険いっぱい!なんだけど・・・

    魔女のお話にはいろいろな魔女が居ますが、
    このお話の魔女はどちらかというと魔女っぽくない、むしろ
    普通の姿で魔法が使える、そんな魔女が登場します。
    そこも、子どもたちが興味を持ってくれるのでいいですよね!
    挿絵は表紙をみてわかると思うのですが、ふんわりと柔らかい感じで、子ども達は図書館で、この挿絵に引かれて借りてきたようです。

    真珠を飲み込んでしまったために小さいカプチーヌは
    いろんなところに冒険するところはとてもおもしろかったのですが
    個人的意見としては、訳した日本語が難しすぎ!
    内容は幼稚園でも楽しめるはずなのに、“不吉なきしみ音”とか
    “哀れなウサギの救出”って言葉は
    一つ一つ解説しなければならないのが折角の冒険を
    中断してしまいそうでん〜・・・って感じの印象を受けました。
    こんな夢のあるお話は、もう少し分かりやすく訳してくれると
    すんなりと入り込めるのにな〜と、
    ちょっと残念な感じを受けました。

    投稿日:2008/10/17

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「カプチーヌ」のみんなの声を見る

「カプチーヌ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • みかんのひみつ
    みかんのひみつ
    作:鈴木 伸一 監修 絵:岩間史朗 写真 出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    冬の代表的な果物、みかん。みかんの実の特徴やなり方などを美しい写真で紹介します。


絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット