くわがたむしのなつ くわがたむしのなつ
文: 谷本 雄治 絵: サトウ マサノリ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
夏の新ていばん!人間達の知らないくわがたむしのドラマ!

アサギをよぶ声 そして時は来た」 てんぐざるさんの声

アサギをよぶ声 そして時は来た 作:森川成美
絵:スカイエマ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2015年11月11日
ISBN:9784036358304
評価スコア 4
評価ランキング 28,138
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 世界観が半端なく創り上げられています。

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    面白いし読みだしたらともらない魅力があります。
    本はそれなりの厚さはありますが、この手の作品と比べると、行間も広くページ数のわりにさらっと読めます。
    児童書の歴史ファンタジー3部作の最終巻です。

    彼女はなぜ、こうも強く前を向いて歩いてゆけるのか、同世代の子どもたちが読んだ時の感想が聞きたいです。

    最後まで、グイグイと加速したままおはなしが進んでいく感じでした。
    3巻ではちょっとした恋バナも出てくるので、そういうところでちょっとドキドキしたりと気持ち的な切り替えの部分はありましたが、
    「時間の流れ」は、今まで読んだ作品の中で一番早いかもしれないです。

    2巻の感想でも書きました、本当に情景を描くのはうまい作家さんで、世界観が半端なく細かく考えられ、創り上げられています。

    この3巻でもトガ村で出会った「ヒコ」に注目してください。
    ほんとにいい子です。
    小学校高学年くらいから、中高生にお薦めします。
    主役が女の子なので、男の子はちょっと読みにくいかもしれませんが、歴史ファンタジーなので、そのあたりに興味があれば、ぜひ手にしてもらいたいです。

    投稿日:2018/01/07

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「アサギをよぶ声 そして時は来た」のみんなの声を見る

「アサギをよぶ声 そして時は来た」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット