新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり

おすのつぼにすんでいたおばあさん」 かおりせんせいさんの声

おすのつぼにすんでいたおばあさん 作:ルーマー・ゴッデン
絵・訳:なかがわ ちひろ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:2001年05月28日
ISBN:9784198613600
評価スコア 4.85
評価ランキング 98
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く
  • おもしろかった!

    息子が図書館から借りてきた本なんですが
    “おすのつぼ”と言うところがなんだろうと思って
    読みたくなり、読んでみました。おすのつぼというのは
    ビールの材料のホップを乾かすための乾燥所のことだろうと
    言うことで、それが、お酢を作るのに使われた石のつぼと
    良く似ていたので“おすのつぼ”と呼ばれるようになったのだろう。
    と、添え書きされていました。

    どこかで聞いた事のあるパターンのお話しですが、
    貧しくても満足してくらしていたおばあさんが、
    小さな魚を助けた事から、実は湖の王であったその魚に
    望みは何でもかなえてくれると言われる。
    昔話にありがちな3つの望み的な話しは良く聞くけど
    何でも叶う!ってところは、息子も惹かれたようですが
    私もおばあさんと同じような立場になったら何を頼もうか?と
    考えるだけでワクワクしました。
    また、息子も長いお話しにもかかわらず、
    リアリティーがあふれるおはなしが、ありがちなお話しだな〜
    って感じることなく一気に読むことができたようです。
    遠慮がちなおばあさんの様子にも共感できるし、
    そのおばあさんがだんだん欲深くなっていく様子にも共感できる。
    ゆめのような、ゆめでないような微妙なところが
    とてもおもしろかったです。
    そして、脇役のおばあさんが飼ってる猫のモルトが
    いろいろなものが変化してもながされないぞ!といった
    表情を浮かべたり、態度をとるところも、お話しを盛り上げる
    スパイスの一つになってていい雰囲気を出してました。

    投稿日:2008/10/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おすのつぼにすんでいたおばあさん」のみんなの声を見る

「おすのつぼにすんでいたおばあさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おばけのバーバパパ / とんことり / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.85)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット