虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
タケえさん 30代・ママ

虫が鮮明に!
虫の拡大写真です。 私も息子も虫が大…

いつか、おかあさんを追いこす日」 にぎりすしさんの声

いつか、おかあさんを追いこす日 作:安藤美紀夫
絵:中村 景児
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\922+税
発行日:1988年12月
ISBN:9784338078054
評価スコア 4
評価ランキング 27,967
みんなの声 総数 1
「いつか、おかあさんを追いこす日」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • お父さんが山の学校の先生で転校してきてきました
    友子はこんど1年生になる女の子
    お父さんやお母さんと山の中へ遊びに行ったときに  逃げ遅れ、足をけがした 狸の子どもを 家へ連れて帰り、友子がお母さんになって 山羊のお乳を飲ませてあげて 育てるのです
    その様子が とても 引きつけられました

    学校までついてくる 狸のモユちゃん  かわいくて いっしょにねむっています
    この二人の絆  しかし 元々は 野生の狸は 成長して 森の中に帰って行くのです・・・・
    すごく淋しい思いの友子・・・ 涙か出てくるのです

    その友子の お母さんのことば 「モユちゃんいつのまにか 友ちゃん追いこして、おねえちゃんになったのよ。  友子だって いつか お母さんをおいこしていくわ」
    こんなことばをかけてくれるのです。ステキなお母さんです
    母親  子どもにちゃんと 大事なことを伝えてくれるお母さんです

    友子もきっと優しい大人に成長するのでしょう
    そして 大切な時間 狸のお母さんだった事が 生かされるのでしょうね
    良いお話しでした  
    小学生の子ども達に是非読んでほしいです

    投稿日:2015/12/08

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「いつか、おかあさんを追いこす日」のみんなの声を見る

「いつか、おかあさんを追いこす日」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット