日本のえほん これ なあに 英語つき」 てんぐざるさんの声

日本のえほん これ なあに 英語つき 絵:星燈社
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:2015年11月13日
ISBN:9784052043376
評価スコア 4
評価ランキング 28,467
みんなの声 総数 1
「日本のえほん これ なあに 英語つき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 招き猫は“good-fortune

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子16歳

    この「日本のえほん」シリーズ、わたしは好きですね〜。
    一つ一つとても丁寧に描かれている気がします。
    “にほんの”と、枕詞がついているのにはちゃんとわけがあって、日本ならではの、四季折々を彩るものや日本の風習ならではの品物が登場します。

    絵本は「富士山」に始まって、「抹茶」や「から傘」、「招き猫」などが出てきますが、こんな日本独自のものをどう英訳するのかな。と思いきや、
    「抹茶」=powdered green tea
    「から傘」=Japanese unbrella
    「招き猫」=good-fortune cat

    ほほぅ、なるほど!と思いましたね。
    この絵本は手のひらサイズなので、たぶん製作者側としては小さなお子さんを対象に考えている(ような)と思います。
    けれども、こういう英訳された言葉の面白さや、日本の文化や風習を改めて感じさせてくれる品々を見ていると、年齢の低いお子さんたちより、むしろ英語を習い始める小学校高学年から中学生、高校生くらいの子どもたちにお勧めして、言葉の面白さを味わってもらいたいです。

    投稿日:2016/03/19

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「日本のえほん これ なあに 英語つき」のみんなの声を見る

「日本のえほん これ なあに 英語つき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第5回「怪奇漢方桃印」シリーズ 桃さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット