に〜っこり に〜っこり に〜っこりの試し読みができます!
作: いしづ ちひろ 絵: くわざわ ゆうこ  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数30万部突破の人気シリーズ第1巻!

さすらいの旅―続・生きのびるために」 汐見台3丁目さんの声

さすらいの旅―続・生きのびるために 作:デボラ・エリス
訳:もりうち すみこ
出版社:さ・え・ら書房
本体価格:\1,300+税
発行日:2003年04月
ISBN:9784378007823
評価スコア 3.5
評価ランキング 38,698
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 現実はきっと...

    タリバン政権下で女の子が男の子のふりをして家族を支えた話『生きのびるために』の続編です。

    あれ? もしかして、この本の前にもう1冊ある?とさえ感じさせられる出だしでした。折角、前作『生きのびるために』の最後に、刑務所から釈放されたお父さんと再会を果たし、お母さんと姉を探しに行く、少しだけ希望の持てる終わり方をしたというのに、まさに突き落された感じにさせられました。だって、お父さんを埋葬するところから、続編は始まるのですから...

    その後は、これでもかというくらい不幸が続きます。そしてその不幸が起きれば起きるほど、主人公の道連れは増えていくのです。それもまだ歩けない赤ん坊や片足をなくした少年... 普通ならば、この組み合わせだと生き残ることなんてできないだろうに、そこがやはりどれだけリアルにかいてあっても創作の話であって、だからこそ却って、いつだって戦争の犠牲者になるのは子供たちなのだと伝えたい作者の意図が読み取れます。

    少しの希望や安らぎを手にすると、はかなくもすぐ失う。希望の持てない日々に、きっと現実はもっと悲惨なのでしょうね。でも、作者のデボラさんは、そのままで終わらせたくなかったのでしょう。前作でもそうだったのですが、最後の数ページでの展開に、また救われました。

    レイラと地雷野のところがとても印象的でした。

    投稿日:2016/04/30

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「さすらいの旅―続・生きのびるために」のみんなの声を見る

「さすらいの旅―続・生きのびるために」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



こんにちは!世界の児童文学&絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット