やだもん やだもん にこちゃんやー やだもん やだもん にこちゃんやー
作: ケロポンズ 絵: 原あいみ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
おふろにはいりたくないにこちゃんが、「やだもん やだもん にこちゃん やー!」とおもしろかわいく逃げ回って…。

希望の学校―新・生きのびるために」 汐見台3丁目さんの声

希望の学校―新・生きのびるために 作:デボラ・エリス
訳:もりうち すみこ
出版社:さ・え・ら書房
本体価格:\1,500+税
発行日:2013年04月
ISBN:9784378014982
評価スコア 3.5
評価ランキング 38,931
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • タリバン政権下で女の子が男の子に扮して家族を支えた『生きのびるために』の第3話です。

    第2作と同じで、一体、主人公パヴァーナに何が起きたの?という衝撃的なシーンから始まります。折角、第2作『さすらいの旅』の終わりで、お母さんと家族にやっと会えたというのに、どうしてこんなはじまり方をするのか?と怒りさえも覚えました。しかも、何が起きたのかをすぐには明かさず、現代と過去が交差して、だんだんと分かる後世になっています。

    結局、タリバンが失脚したと言っても、まだまだ女性に対しての扱いがひどいアフガニスタンでは、こんな悲惨なことが起きてしまうのですね。これが、パキスタン人で史上最年少でノーベル平和賞を受賞したマララさんにつながるんですよね。

    そして、作者デボラさんの鋭い眼光は、タリバン政権からアフガニスタンを守ったとされるアメリカにさえむけられ、犠牲となった市井のアフガニスタン人にとってはタリバンもアメリカも正直なところ変わらないということまで描かれています。物事を一つの面からとらえるのではなくて、冷静に描かれているところに、どれだけ作者のエボラさんが、アフガニスタンを思っているかが感じられました。

    希望を見つけてはすぐに摘み取られてしまう、パヴァーナ。それでも、生きのびていくところに、頭が下がる思いです。

    投稿日:2016/05/03

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「希望の学校―新・生きのびるために」のみんなの声を見る

「希望の学校―新・生きのびるために」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット