話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

ゆめみるダンゴムシ」 渡辺諦さんの声

ゆめみるダンゴムシ 作:阿部 夏丸
絵:山口達也
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2005年09月
ISBN:9784333021666
評価スコア 3.6
評価ランキング 41,940
みんなの声 総数 4
「ゆめみるダンゴムシ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 思いがけない展開

    • 渡辺諦さん
    • 30代
    • その他の方
    • 東京都

    【あらすじ】
    公園のベンチの下で出会った、ダンゴムシと一年以上放置してカチカチになったタコ焼きの親分。親分は強引にダンゴムシに自信をつけさせようとして、夢の押し売りをする。仕方ないので、ダンゴムシは野球をやるのが夢だと打ち明ける。そして二人は夢を叶えるべく、野球の特訓を開始するが…
    夢を叶え、自信をつける熱い青春物語。

    【感想】
    意外な展開が愉快で、あっという間に読み切ってしまった。ジェットコースターのような作品。話の展開がどこに行くのかわからない。
    昔のスポコン漫画の主人公と、今の軽くやる気のない少年の取り合わせ、といった感じもあり、つっこみどころ満載。コントのようでもある。全然努力の結果が実っていないのに、最終的にはハッピーエンド。その辺も、時代が変わったなあ〜と感じる。

    昔のスポコン漫画は、艱難辛苦を乗り越えて、ようやく花を咲かせるようなものが多かった。努力は報われると思いたいが、現実はよくわからない力で夢が叶ってしまう場合もある。いろいろあっていいのだとわかりました。
    作品中にも「楽しみ方は、それぞれ違っていいんです」とあった。個性が尊重される世界に生まれて、良かったな、ダンゴムシ。そして、自分たち。

    作者のコメントもふるっている。夢はかなわなくてもいいし、忘れちゃってもいいんですよ、だって。(夢は世界征服だとか。何せ子どもの時ですから)
    そのくらい軽快に生きるのも、悪くないなあ。
    このお話を見ていると、いろいろな生き方があって、明るく楽しい気分になってくる。将来に希望と可能性が感じられて、素敵。

    投稿日:2017/04/04

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ゆめみるダンゴムシ」のみんなの声を見る

「ゆめみるダンゴムシ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット