そうべえときじむなー そうべえときじむなー そうべえときじむなーの試し読みができます!
作: 田島 征彦  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「じごくのそうべえ」シリーズ、7年ぶりの新刊!今度は琉球へ

宮沢賢治の絵本 雨ニモマケズ」 はりー隊長さんの声

宮沢賢治の絵本 雨ニモマケズ 作:宮沢 賢治
絵:柚木 沙弥郎
出版社:三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2016年10月15日
ISBN:9784895881364
評価スコア 4.77
評価ランキング 527
みんなの声 総数 47
  • この絵本のレビューを書く
  • 賢治の魅力、再発見

    夫が息子(4歳)に宮沢賢治を読んであげたいと言い出したので、彼の有名な詩が絵本になったこちらの作品を選びました。
    夫に続いて復唱する息子。意味はわからないなりに、何かおもしろい、と感じたようです。日を変えて3度目を読む頃には、ほとんど暗唱してしまっていました。
    「コワガラナクテモイイトイイ」や「オロオロアルキ」などの部分で必ず笑うので、最初は単純に日本語のリズムを楽しんでいるだけのように思えましたが、「お母さん、ヒデリの時は涙を流すんだよ。ヒデリって何?」と聞くなど、内容を知りたいという気持ちも働いているようです。
    耳にすーっと入ってくるこの何ともいえない語感の良さ。久しぶりに息子と読んでみて、あらためて賢治の魅力を感じました。
    柚木さんの、カラフルで説明的すぎないイラストもよくあっていると思います。

    掲載日:2017/11/15

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「宮沢賢治の絵本 雨ニモマケズ」のみんなの声を見る

「宮沢賢治の絵本 雨ニモマケズ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / 1つぶのおこめ / 宮沢賢治の絵本 銀河鉄道の夜 / おつきさまこんばんは / だるまさんが / ななちゃんのおかたづけ / ノラネコぐんだん パンこうじょう

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット