名画で遊ぶ あそびじゅつ!絵が語る歴史と物語」 ぺんぎんさんさんの声

名画で遊ぶ あそびじゅつ!絵が語る歴史と物語 著:エリザベート・ド・ランビリー
訳:大澤 千加
出版社:ロクリン社
税込価格:\2,200
発行日:2016年09月28日
ISBN:9784907542320
評価スコア 4.45
評価ランキング 9,956
みんなの声 総数 19
「名画で遊ぶ あそびじゅつ!絵が語る歴史と物語」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 4歳、ピカソ 受賞レビュー

    絵が語る歴史、ということで時代の流れを絵画で楽しめる絵本です。
    古代エジプトからはじまり、神話の世界。そして現代まで。

    4歳の息子は特に絵探しすることもなく、
    昔の人ははだかんぼだね。ということに注目しながら見ていったのですが…。

    「真っ赤な街」から急に興味を持ってみるようになりました。
    私も怖い絵だな…と思ったんですが、第一次世界大戦の絵でした。
    「赤いのなにかな。あかいねー」
    と、赤いっぱいなことが気になってしかたがないよう。
    戦争の絵。というこというべきか悩み結局言えなかったのですが
    どんなかんじ?と聞くと
    「こわいねー」と。
    絵から時代を感じ取っていることが伝わってきました。

    そして続いての「ゲルニカ」ピカソ。
    こんな絵見せちゃっていいのかな?と、ページを素早くめったら、なんと戻されました。
    そして「この人はなんだろう。この人は何をしてるのかな」と
    絵を見ながらディスカッション?が始まったのです。
    説明文を読んであげたら
    「この人が泣き叫ぶ人かな。この顔が苦痛にゆがんだ顔かな。これは火事かな」
    一つ一つ丁寧にモチーフを見ていきます。

    こんなにちゃんと絵を見るとは思っていませんでした。
    ピカソってすごい、名画ってすごい!
    本物の絵って4歳も虜にしてしまうんですね。

    私自身ピカソの絵って難しいなーと思っていたのですが、この絵本を通して子供に絵の見方を教えてもらったように感じました。

    様々な絵画がのっているので、お子さんの好みが見えてくる
    入門にぴったりな絵画絵本だと思います。

    投稿日:2017/12/06

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「名画で遊ぶ あそびじゅつ!絵が語る歴史と物語」のみんなの声を見る

「名画で遊ぶ あそびじゅつ!絵が語る歴史と物語」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ねないこ だれだ / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / くだもの / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【大日本図書株式会社】

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット