宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ママの心に寄りそう絵本たち 」 じっこさんの声

ママの心に寄りそう絵本たち 著:磯崎 園子
イラスト:掛川 晶子
出版社:自由国民社
本体価格:\1,400+税
発行日:2016年11月18日
ISBN:9784426120382
評価スコア 4.75
評価ランキング 810
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く
  • おもしろいエッセイ

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    いつもお世話になっている「絵本ナビ」の編集長さんのエッセイだということで、興味津々でした。
    絵本の紹介もされていますが、紹介されている絵本の冊数はそんなに多くありません。私が知っている本がほとんどだったので、メジャーなものが多い気がします。
    この本のメインは、著者と息子さんのいろいろな絵本にまつわるエッセイです。おもしろいエピソードが多くて、ほほえましかったです。共感出来るところも多っかたです。男の子のお母さんの方がより共感できるかと思います。
    絵本はとっても素晴らしいと絵本を押し付けてくる本ではないので、絵本を敷居の高いものだと思っている新米のお母さんが読むのにぴったりだと思います。
    こんな立派なサイトの編集長さんも一人の母親なんだなぁとあたりまえのことを感じたりして、絵本ナビのサイトが身近に感じられたのもうれしかったです。

    投稿日:2017/03/05

    参考になりました
    感謝
    3

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ママの心に寄りそう絵本たち 」のみんなの声を見る

「ママの心に寄りそう絵本たち 」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • えんそく
    えんそくの試し読みができます!
    えんそく
    作:くすのき しげのり 絵:いもと ようこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    楽しみにしていた秋のいもほり遠足に行けなくなり落ち込むコンタに、友だちがしてくれたこととは……? 


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 1
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 6

全ページためしよみ
年齢別絵本セット