なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
やかましやさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

なつみはなんにでもなれる」 チチンプイのプイ♪さんの声

なつみはなんにでもなれる 作・絵:ヨシタケシンスケ
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2016年12月30日
ISBN:9784569786063
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,656
みんなの声 総数 24
「なつみはなんにでもなれる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 可愛いなつみちゃん

    「なつみはなんにでもなれる」
    印象的でストレートなタイトルがとても好きです。

    お話の方も、楽しかったーっ!それになつみちゃんが可愛かったーっ!
    一生懸命モノマネを披露する なつみちゃん。
    なんだかんだブツブツ言いながらも、なつみちゃんにこたえる お母さん。
    2人のやりとりが微笑ましいです。

    なつみちゃん、まだまだ小さいのに、モノマネのレパートリーが豊富なんですよ。
    とくにアサリのマネの所は、なぜにアサリ!?と、笑えました。
    子どもの発想って本当に無限大なんですね。

    3年生の我が子は クイズがマイブームなようでいつでもどこでも「・・・・・ってなぁーんだ?」と言ってきます。
    だから なつみちゃん&お母さん 2人に対して凄く親近感がわきました。

    なつみちゃんの最後のマネ・・・あの答えはカタツムリだと思ったのですがどうなのでしょう?

    小学校での読み聞かせでも盛り上がりそうですね。
    ぜひいつか子どもたちに紹介しようと思います。

    掲載日:2017/09/14

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「なつみはなんにでもなれる」のみんなの声を見る

「なつみはなんにでもなれる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ねこのはなびや / ねこのかあさんのあさごはん / おじいちゃんがおばけになったわけ / おべんとうばこの なかから / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「ななちゃんの絵本」シリーズ つがねちかこさんインタビュー

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット