新刊
トラからぬすんだ物語

トラからぬすんだ物語(評論社)

2021年ニューベリー賞受賞作!

  • 盛り上がる
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

人と出会う場所 世界の市場」 渡”邉恵’里’さんの声

人と出会う場所 世界の市場 写真・文:小松 義夫
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
税込価格:\1,760
発行日:2016年12月20日
ISBN:9784752007760
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,542
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く
  • 世界旅行を疑似体験

    作者は取材先130カ国余りの写真家。現地の人々の普段の生活をそのまま切り取ったようで、見ているとその場を訪れたような気持ちになってくる写真集。

    市場といっても、スーパーマーケットやお洒落な商業施設、ネット上のお店ではない。昔からその場所にあった、地元の人や近隣の人たちが、自分の畑で取れた野菜、自分で捕った魚などを売りにくる市場だ。芋が泥つきのまま転がっていたり、見たこともない形や色の野菜や果物、生きたままの動物なども売られている。
    お祝いや行事に使う花や、子どものおもちゃ、飲み水を入れておく壷など何でもある。売り方も、市場の一角に座り込んで商品を広げる人、川の上でお互いに小船で行き来して商売をする水上マーケット、どうみてもその辺の原っぱといった感じのところに家畜を連れてきて売買する動物市場、個人経営の屋台、昔のコンビニ「何でも売店」…などなど。

    民族衣装を着た人、寝そべって商談をしている人、お客さんを待っている間にも作業をしている職人、あまりやる気のなさそうな店主など、登場人物もいろいろ。それぞれの人に人生があり、個性がある様子が伺われて興味深い。

    お話になっているわけでもなく、何かを報告したりメッセージを発信しているわけでもなく、ただ市場の様子が延々と続く。
    見ていて飽きない。
    私は子どものころからお店屋さんが大好きで、スーパーマーケットで勝手に冒険して迷子になってもどんどんあちこちを歩き回って平気な子だった。そのまま大人になって、商業施設や商店街、下町が大好きな人間に育った。
    お店が好きな人は是非とも読んで(見て)欲しい一冊。
    外出できない、外国に行くこともないような人生でも、このような形で世界旅行が疑似体験できる。いい時代になったと喜んでいる。

    投稿日:2021/02/10

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「人と出会う場所 世界の市場」のみんなの声を見る

「人と出会う場所 世界の市場」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はじめてのおつかい / どうぞのいす / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / からすのパンやさん / ぴょーん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    作:やベみつのり 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本


「プラチナブック」新入り絵本を紹介【ブランニュープラチナブック】

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット